紙おむつと布おむつを比較してみた!気になるけど布ってどうなの?

新人ママのみなさん、赤ちゃんに紙おむつが良いか布おむつが良いかで迷っていませんか?

「今時、布おむつって使うの?」
「友達はみんな紙おむつを使っている」
「布おむつは赤ちゃんには良さそうだけどたいへんそう…」

いろんな理由で紙おむつを選ぶママは多いですが、実は布おむつを使ってみたいと思っているママも多いんです!

実は最近、布おむつ の人気が復活してきているんですよ!さて、その理由はなんなんでしょう?

今回は、紙おむつと布おむつのそれぞれのメリットとデメリットを比較してみました。

布おむつが気になっている、興味があるママさんの、おむつ選びの参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク
  

紙おむつのメリット デメリットんはどんなものがある?

まずは、一番使われているであろう「紙おむつ」のメリットとデメリットをご紹介します。

紙おむつのメリット

①洗濯しなくても良い
布おむつは毎回洗濯しなければなりませんが、紙おむつは使い捨てなので、洗濯の手間がかかりません。

やっぱりこれが一番メリットと感じるママさんが多いですよね。

②後始末が簡単
紙おむつはゴミとして捨てられるので、後始末が簡単。

これも、ママさんにとってとっても助かるメリットですよね。

③長時間サラサラ
紙おむつは吸水性、保水性が高いので、長時間つけていても赤ちゃんも気持ち悪くなりません。

赤ちゃんが寝る時や、外出する時には便利ですね。

④交換回数が少ない
布おむつはおしっこの吸水量があるので、すぐに替えないと漏れてしまいます。

でも紙おむつは、おしっこをしてもすぐに替えなくても大丈夫なので、おむつ交換の回数も少なくて済みます。

⑤お出かけの時荷物にならない
お出かけの時に、紙おむつは薄くて軽いので荷物になりません。

また、布おむつは持ち帰らなければなりませんが、紙おむつなら使用後捨てられます。

赤ちゃんを育児中はただでさえ荷物が多いですよね。

布おむつに比べて荷物をコンパクトにできるのでとても助かります。

紙おむつのデメリット

①コストが高い
新生児のころはおしっこの回数も多く、紙おむつでも頻繁に変えることになります。

月齢が上がるにつれて、おしっこの回数は減っていくので、使う枚数も減っていきます。

しかし、おむつを卒業するまでおむつを購入することになるため、布おむつと比べて大きな出費となるでしょう。

②買い置きの手間とスペース
紙おむつは、意外とすぐになくなってしまいます。

1日に6~12枚ほど使うと、1週間ほどでなくなってしまいます。

買い置きにはスペースも必要なので、買える数にも限りがあります。

③かぶれやすい
紙おむつは吸水性が高いから、長時間つけたままでも大丈夫と思い濡れたままでいると、赤ちゃんのおしりが蒸れてかぶれてしまいます。

紙おむつでも、おしっこで濡れたら替えてあげないといけませんよ!

④トイレトレーニング
おむつが濡れても、サラサラで気持ち悪いと感じないことから、おむつが外れるのが遅くなることが多いです。


スポンサードリンク

布おむつのメリット デメリットんはどんなものがある?

では次に、使ってみたいと興味はあるものの「大変そう」と敬遠されがちの「布おむつ」のメリットとデメリットをご紹介します。

布おむつのメリット

①コストが安い
布おむつは最初に買い揃える必要があるので、初期費用こそ高くつきますが、長期的なコストを考えると布おむつの方がやっぱり安いのです!

このコスパの良さは、ママさんにとってとっても魅力的ですよね。

②肌に優しい
布おむつは紙おむつと違って、おしっこの度におむつを取り替えることになります。

手間はかかりますが、そのおかげでおむつの中がムレず、おむつかぶれなどのトラブルも起こりにくいです。

汗をかいてもムレにくいので、デリケートな肌の赤ちゃんに安心して使えますね。

③ゴミ捨ての必要がなく臭くならない
使用後の紙おむつはかなり重たく、何日か置いておくとすぐに臭くなりますよね。

地域にもよりますが、ごみの日は週に2日ほどのところが多いので、ごみの日までオムツを置いたままにするとゴミの量も多くなり、ゴミ捨てが大変です。

布おむつは使い捨てではく、洗って繰り返し使うので、こういった臭いやごみの問題がありません。

④買いに行かなくても良い
使い捨ての紙おむつは意外とすぐになくなってしまいます。

家にたくさん買っておいても良いのですが、スペースも必要なので買う量にも限界が…

買い物の時には持って帰るのも一苦労。車が無い方は特に大変ですよ !

⑤おむつ卒業が早い
最近の紙おむつは品質がよくなっているので、長時間つけていてオムツが濡れていても赤ちゃんは平気です。

それとは逆に、布おむつは濡れるとすぐに分かるようで、赤ちゃんが泣いて知らせてくれることが多いです。

その経験を重ねていくことで

  • 濡れるのが嫌で濡れる前に伝えてくれるようになったり
  • 親の方もトイレトレーニングを取り入れるのが早かったり
  • 工夫することでオムツが早く外れる子が多い

といった、とっても嬉しいメリットがあるんですね。

他には「オムツカバーのデザインが選べて可愛い」などのメリットもあります!

布おむつのデメリット

①おむつの交換、洗濯に手間がかかる
紙おむつに比べて布おむつにすると、おむつのを替える回数が多くなります。

また、紙おむつのように使い捨てではなく、汚れたおむつは洗濯をしなくてはいけないので、1日に何枚もの布おむつを洗濯しなければなりません。

また、梅雨などの雨の日はおむつがなかなか乾かないので、洗濯物を部屋干しすると「お部屋の中がおむつだらけ」になります。

②外出の時に荷物がかさばる
布おむつの場合、紙おむつよりもおむつ替えをする頻度が高いため、外出時にはたくさんの布おむつを持って行くことになります。

また、紙おむつと違って、使用済みのおむつは必ず持ち帰らなければなりません。 

おしっこを含んだ布おむつは思ったより重くなるので、余計にかさばることになります。

③ウンチやおしっこが漏れる可能性がある
布おむつは、おむつのように吸水性や保水性が良くありません。

また最近の紙おむつのように、おしっこやうんちが漏れないようにギャザーがついたりもしていません。

なので、長時間つけっぱなしにしていると、おむつの許容量を超えることが多いです。

また、オムツがずれやすいので、それも漏れる原因の一つです。

さいごに

紙おむつか布おむつか。どちらもメリットもあればデメリットもあるのがお分かりいただけたと思います。

ただ「紙おむつと布おむつのどちらかしか使っちゃダメ」ということはないんですよね。

なので、それぞれのメリットを生かして

  • 普段おうちで使うのは布おむつを使う
  • 梅雨の季節や雨降りが続いて洗濯物が乾きにくいときは紙おむつにする
  • 外出時や夜は紙おむつを使う

など、状況に応じて使い分けるのもいいのではないでしょうか。

ぜひ、ご紹介した紙おむつ、布おむつのメリットとデメリットをしっかりと理解したうえで、赤ちゃんとママが快適に過ごせる方法を選んでみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。