おむつのゴミ箱は代用できる!?専用じゃなくても大丈夫な方法

この記事は約11分で読めます。

育児中に必ず必要な「おむつ」。

新生児から乳幼児にかけては、母乳やミルクだけなのでウンチもそんなに臭いが気なることもないのですが。

離乳食が始まると一気にウンチも人間らしくなります。

我が子なのでおむつを替えることに苦痛はなくても、おむつをゴミ箱に捨てているとそこからの臭いはどうしても気になりますよね?

また、自分はずっと家にいて臭いに慣れてしまうこともあるのでお客さんが来られたときなどに匂っているのではないかと心配になることも。

おむつ専用のゴミ箱は、臭いも防いでくれるようですが、コストも高く使える時期も限られています。

本当におむつ専用のゴミ箱が必要かどうか?がポイントになってきますよね。

実際に、私も一人目のときには育児書などを参考に書かれた通りに育児グッズを購入しました。

たしかに、あればいいに越したことはなかったのですが、2人目の時には使っていません。

スポンサードリンク

おむつのゴミ箱はいらない!?臭いシャットアウトの対策グッズ

おむつ用ゴミ箱以外の臭い対策は、次の3つがポイントです。

  • 蓋付きのゴミ箱
  • 消臭剤
  • 防臭ゴミ袋の利用
消臭剤と、防臭機能のあるゴミ袋と併用することで、より防臭効果を高めることができます。

医療用向けに開発された特殊素材で作られたゴミ袋

おむつを捨てるときにこの袋に入れて捨てることで、かなりの防臭効果があります。

また、コンパクトになっているのでお出かけなどで急なおむつ替えのときにも役に立ってくれます。

おむつだけでなく、臭いのキツイ生ごみや生理用品にも使用できるので、臭いの気になるものすべてに対応してくれます。
★「医療用の特殊素材で作られたごみ袋」の詳細を見てみる

おむつ用消臭芳香剤 ゴミ箱用

ゴミ箱に貼っておくだけで消臭してくれるあ、便利アイテムです。

おむつ用ゴミ箱だとか、おむつ用ゴミ袋との併用もオススメです。
★「おむつ用消臭芳香剤 ゴミ箱用」の詳細を見てみる

ゴミ箱底脱臭シート

微香性のものなどが苦手な方におすすめです。

活性炭と活性炭入り特殊不織布で脱臭してくれます。
★「ゴミ箱底脱臭シート」の詳細を見てみる

おむつのゴミ箱はその後どうしてる?他の用途で使えるゴミ箱を紹介

おむつ用のゴミ箱としての任務が完了したあと、その後ゴミ箱はどうしていますか?

もちろん、おむつ専用のゴミ箱は捨てる口の部分も小さく普段使いのゴミ箱として活用するのは少し、勝手が悪いです。

専用のゴミ箱ではなく、代用品として使うのにおすすめな商品があります!

「オムニウッティ」を知っていますか?

プラスチック製品で人気のバケツ型収納です。

デザインもかわいくて色も展開も豊富なので、どんな家でも使うことができるでしょう。

形としては、フタ付のバケツなのですが収納インテリアとしても活躍してくれます。

おしゃれで使い勝手も抜群のバケツ

おむつ用ゴミ箱としては、もちろん他の使い方もできます。
★「オムニウッティ」の詳細を見てみる

オムニウッティの使い道①バケツとして
ガーデニングや掃除をするときにも普通に使用可能です。

掃除道具などは、デザインより価格や使い勝手で選びがちですが。

おしゃれなオムニウッティだと、テンションもあがり家事がはかどりますね。

オムニウッティの使い道②ストッカーとして
耐荷重150キロのオムニウッティ。

「冷蔵庫に入りきらない食材」や「常温保存をしたいレトルトや調味料」のストック入れとしても使うことができます。

さらに、フタが付いているので踏み台としても利用可能。

子供が冷蔵庫を開けるときなどにも活躍してくれます。

オムニウッティの使い道③ベビー用品&おもちゃの収納として
カラー展開が豊富なので、こどものおもちゃ入れとして子供部屋においても浮きません。

自分のおもちゃをそこに入れておけばいいだけなので、片付けも自分でしてくれますよね。

また、子供が上に登っても壊れることはないので安心してお部屋に置いておけます。


スポンサードリンク

おむつ用ゴミ箱の種類とその機能

ここでは、おむつ専用のゴミ箱の種類や、その機能について見ていきましょう。

おむつ用のゴミ箱の種類は、大きく2つに分かれています。

①専用のゴミ袋を使うタイプ
②専用のゴミ袋は必要のない、市販のものやレジ袋で対応できるタイプ

専用のゴミ袋は、臭いを抑えるために防臭効果があります。

そして、カートリッジだとかカセットの中に筒状の専用の袋がセットされてます。

なので、その専用の袋を購入して、ゴミ箱の口に付ければ使用できます。

おむつを捨てる時には、筒状の袋に入ったおむつの口をねじって袋を閉じて燃えるゴミと一緒に廃棄します。

また、ゴミ箱の中でおむつを捨てるたびにフィルム状のビニールが勝手にねじれて一つづつ密封してくれるものもあります。

ビニール自体に、防臭効果や微香性のものもあり臭い対策がしっかりとされています。

専用のカートリッジタイプは、カートリッジがそこそこの値段がします。

1個で長くて2ヶ月くらいは持ちますが、やはりコストは高いですね。

家庭用のごみ袋を使うタイプは、その分コストはかかりませんが臭い対策としては専用のものよりは落ちるでしょう。

専用ゴミ箱の機能

  • 蓋付きで、ニオイが漏れにくい構造になっている
  • ゴミ箱自体にニオイがつきにくい素材でできている
  • 丸洗いすることが可能
  • 二重構造になっている
  • 消臭剤を入れることができるケースが付いている
  • チャイルドロックが付いているので安心
  • ペダルで蓋を開閉できる
ここまで読んで悩んでいるのであれば。

ベビー用品関連をレンタルしてくれるサービスがあるのでそれを利用してお試ししてみるのもありですね。

何ヶ月か使用してみて、どれくらいのコストがかかるのかチェックしてみて、「あり」か「なし」を決めるのもいいと思います。

おむつのゴミ箱はどこに置く!?臭い対策と動線も考慮しよう

ただでさえ、赤ちゃんが生まれてくる準備で家の中が荷物だらけになりますよね。

ベッドやおもちゃ、バウンサーなど場所を取るものが盛りだくさんです。

そして、ゴミ箱の置き場所。

どこに置くのが邪魔にならなくて、スムーズに使うことができるのか。

また、置き場所によっては、臭いがしてくることもあります。

夏場は特に心配になります。

臭い漏れを気にしないで処理できる方法

基本の考え方は、臭いがキツイ生ごみと同じ対応です。

臭い漏れを対策に必要なポイント

  • フタが付いていて密閉できるかどうか
  • 密封したままおむつを捨てることができる
  • ゴミ箱の中で、ビニール袋などで密閉して臭いを防ぐ
選ぶポイントは、とにかく「密閉できるか!!」です。

おむつ自体は通気性の良さをうたっているものがほとんどです。

なので、そのまま捨てるとゴミ箱を開けるたびに臭いが広がってしまいます。

おむつを小さいゴミ袋に入れて結び、さらにゴミ袋を設置しているゴミ箱に捨てる。

何重もの密封で臭いをシャットアウトしましょう。

ゴミ箱をどこに置くのか問題

ゴミ箱を、専用のものにしない場合は自分の希望のデザインやサイズを自由に選ぶことができるメリットがあります。

また、おむつ用のゴミ箱として終わってもそのまま自宅で使用することも抵抗ありませんよね。

ゴミ箱を置く場所としては、大きいものと小さいもので置き場所を考えましょう。

また、部屋の中に大きなフタつきのゴミ箱を置くことに抵抗がある場合は、大きいものと小さいものの2種類を用意することをおすすめします。

たっぷり入る!大きなゴミ箱は邪魔にならない場所にそして設置場所に工夫を

大きなゴミ箱は、次のゴミ収集日まで袋を変える必要なく使うことができます。

ある程度の大きさのものを選べば、家庭用の45リットルのビニール袋でも対応可能です。

そして、量も捨てることができるので何度もゴミ袋を変える必要もなく、ゴミの置き場所にも困らないでしょう。

ただ、大きなゴミ箱はたくさんのおむつを捨ててあるので、ある程度の臭いはあります。

なので、置く場所を工夫してみましょう。

大きなゴミ箱の設置場所として選ぶ場所の条件
  • 風通しがよくて涼しく、日光が直接当たらない場所
  • 人目に付きにくくて、換気扇が使える場所
  • ベランダや庭・駐車スペースなど屋外で雨の入らない場所
  • 脱臭剤・スプレー・ハエ・コバエなど害虫対策薬剤を設置しておく
大きなゴミ箱のおすすめの設置場所
  • キッチン
  • 洗面所
  • トイレの中・トイレ前の廊下など
  • 庭の日陰・ベランダなど
  • 階段下などのスペース

すぐにポイっと捨てられる!小さいゴミ箱は日常生活を送る場所へ

小さいゴミ箱は、寝室やリビングなどに日常的におむつを交換する場所の近くに置くことができます。

汚れたおむつをすぐに捨てることができるので、赤ちゃんがおむつを替えている間に触ってしまうという事件になることもありません。

ある程度の量になってきたら大きなゴミ箱に捨てておけば部屋の臭いも気になりません。

小さなフタ付のバケツ型などであれば、100円ショップなどでも購入することができます。

ただ、赤ちゃんが小さいうちはおむつも小さく、捨てるときもコンパクトになりますが成長してくるとおむつも当然大きくなります。

あまり、小さいゴミ箱だと一個、二個しか捨てられなくなってきた・・・ということにもなりかねないので要注意です。

小さいゴミ箱のおすすめの設置場所
  • 毎日おむつ替えをよくする場所
  • おむつやお尻拭き一式と一緒に
  • 部屋の中でも風通しがよく、直射日光や暖房が当たりにくい場所

おむつのゴミ箱はその後どうしてる?他の用途で使えるゴミ箱を紹介

おむつ用のゴミ箱としての任務が完了したあと、その後ゴミ箱はどうしていますか?

もちろん、おむつ専用のゴミ箱は捨てる口の部分も小さく普段使いのゴミ箱として活用するのは少し、勝手が悪いです。

専用のゴミ箱ではなく、代用品として使うのにおすすめな商品があります!

「オムニウッティ」を知っていますか?

プラスチック製品で人気のバケツ型収納です。

デザインもかわいくて色も展開も豊富なので、どんな家でも使うことだできるでしょう。

形としては、フタ付のバケツなのですが収納インテリアとしても活躍してくれます。

おしゃれで使い勝手も抜群のバケツ

おむつ用ゴミ箱としては、もちろん他の使い方もできます。

オムニウッティの使い道①バケツとして
ガーデニングや掃除をするときにも普通に使用可能です。

掃除道具などは、デザインより価格や使い勝手で選びがちです。

おしゃれなオムニウッティだと、テンションもあがり家事がはかどりますね。

オムニウッティの使い道②ストッカーとして
耐荷重150キロのオムニウッティは、冷蔵庫に入りきらない食材や常温保存をしたいレトルトや賞味量のストック入れとしても使うことができます。

さらに、フタが付いているので踏み台としても利用可能。

子供が冷蔵庫を開けるときなどにも活躍してくれます。

オムニウッティの使い道③ベビー用品&おもちゃの収納として
カラー展開が豊富なので、こどものおもちゃ入れとして子供部屋においても浮きません。

自分のおもちゃをそこに入れておけばいいだけなので、片付けも自分でしてくれますよね。

また、子供が上に登っても壊れることはないので安心してお部屋に置いておけます。

おむつのゴミ箱は代用できる!?のまとめ

初めての子育ては、どんなことになるのか想像もできなくてお店の人に言われるままに買いそろえることも多いですよね。

実際に、生まれてきて使っていると「必要なくない?」といった育児グッズが我が家にもあふれていました。

何かと入り用なこの時期には、節約できるところはうまく節約して浮いた分を赤ちゃんのおもちゃやおでかけなどに使ってあげてください。

スポンサードリンク

コメント