子供の部屋は必要?必要ない?子供のためにはどっちがいいの?

引っ越しでお部屋を選ぶ際にに、どんな間取りにするかはとても悩むポイントです。
新婚さんで、まだお子さんのいないご夫婦にとっては、これから先の将来を考えた上での間取りを考えなくてはいけませんよね。


  • 子供が産まれたら・・・
  • 兄弟が出来たら・・・

などと、特に「子供部屋をどうするか」は、お悩みポイントの一つですよね。

そこで今回は、そんな子供部屋事情について、「子供部屋って本当に必要なのか?」についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

子供部屋や個室はいつから必要だと思う?それぞれの言い分は?

子供部屋については、アリ派ナシ派と意見がわかれる部分でもあります。

子供部屋のメリット・デメリット

では、子供部屋があることによって考えられるメリット・デメリットをご紹介します。


子供部屋のメリット
■子供の道具を一か所にまとめて置くことができる
子供の部屋ですから、当然子供の道具はその部屋一か所に収納することになります。
バラバラと他に置くことがなくなりますので、子供にとっても片づけるという習慣が身に付きやすくなりますね。

■自分だけのお城を持つことができるので、独立の意識が高まる
子供にとっては、初めての自分のお城。
自分だけのものという意識は、独立への第一歩となります。

■子供のプライバシーが確保できる
子供が小さい頃は気になりませんが、ある程度お年頃になってくると、子供のプライバシーの確保は大切なポイントになります。
自分のプライバシー確保されることにより、同時に、他人のプライバシーの尊重の意識付けにもつながります。

子供部屋のデメリット
■遊びと勉強の切り替えができにくい
お勉強のタイミングを親が見ているわけではないので、遊びとの切り替えが難しくなる可能性があります。
自分でしっかりと「今は勉強する時間」と線引きをする力が必要になりますね。

■引きこもりの拠点になってしまう可能性がある
子供部屋があるからといって、必ず引きこもりになるわけではありません。
ただ自室があると、そこを拠点に引きこもりになるケースが多いという例ですね。

■家族と顔をあわせる時間が少なくなる
子供が帰宅してそのまま部屋へ直行などになってしまうと、家族と顔を合わせて会話する時間が少なくなってしまう可能性がありますね。

子供部屋について様々な意見

「子供部屋アリ・ナシ」については様々な意見があります。
そんな意見をいくつかご紹介しますね。


【子供部屋アリ派】の意見
  • 年頃になった時に、やっぱり親に聞かれたくない話や、内緒にしたい友達との会話だってある。そんな時に自室がなくすべてオープンなのは可哀そう。
  • 勉強に集中しづらくなる。リビング学習も推奨されているが、やはり自室で周りの音を気にせず集中できる環境は必要。
  • 家の中に“一人になれる場所”がないと、外に行ってしまう可能性がある。コンビニや満喫などにたむろってしまうかも・・・
【子供部屋ナシ派】の意見
  • 子供と過ごす時間を大切にしたいので、ある程度大きくなるまでは子供部屋はいらない。思春期になったら、一人になれる空間を仕切ってあげる予定。
  • 子供部屋としては作らずに、お勉強をする部屋として一部屋用意。基本はファミリールームで過ごすこと前提。
  • リビング学習をさせている。わからないことがあった時など、すぐに大人が声をかけてあげられる環境にしたいので

今は子供部屋を作っていなくても、将来的には個室を作れる間取りにしているお家が多いようです。
たしかに全く個室がないと、お友達はもちろん、彼氏彼女も呼びにくいですよね(^^;

スポンサードリンク

子供部屋で悩むなら!まずは仕切りを作ることからチャレンジ!

子供部屋を作ろうかどうか迷った時にオススメなのが、「将来的には個室にできるように、あらかじめ仕切りを作っておく」という方法です。

例えば、


  • リビングに仕切りを作っておいて、子供が出来た時には子供部屋として活用。
    また、来客時に見せたくないものを隠す際にも活躍。
  • 一部屋可動式の仕切りがある部屋を作っておくと、子供がいない時は収納としても活用できる。
    また、子供が増えた時もそれぞれの個室として利用もできる。

完全に個室にしなくても、子供用のスペースをつくれるように仕切りを作っておいてもいいかもしれませんね(^^)

子供の部屋は必要?必要ない?のまとめ

いかがでしたでしょうか?
最近ではリビング学習が流行ってはいますが、やはり思春期には個室があったほうが良いという意見が多かったですね。

お家の広さは様々ですが、臨機応変に活用できるお部屋の間取りができると便利かと思います(^^)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。