3歳児検診!自分の名前が言えないと発達障害って言われるの?

スポンサードリンク

3歳にもなると、赤ちゃんではなく子どもになってくる頃ですよね。


  • 食事も大人と同じようなものを食べられるようになったり
  • 走ったり階段をのぼったり

とできることが増えてきます。
また、お話もたくさんできるようになってくる時期でもありますよね。

母子手帳の「3歳の頃」の項目に、「自分の名前が言えますか?」という質問があります。
言葉の発達は個人差が大きいので、3歳の時点で自分の名前が言える子もいれば、言えない子もいます。
では、3歳児健診で子どもが自分の名前を言えないと、どうなるのでしょうか?
発達障害と判断されてしまうのでしょうか?

実際は「自分の名前が言えない」というだけでは、発達障害とは判断できません。
発達障害と判断するには、


  • 言葉の理解ができているか
  • 視線は合いやすいか
  • コミュニケーションがとれているか

などなど、専門の先生がその他の点も含めて、総合的に診ていきます。

ただ、3歳の時点で「自分の名前が言える」という点は、発達の重要な指標の一つです。
それが健診の場面で難しかった場合、別室で発達相談を紹介されることもあるようです。

スポンサードリンク

1.3歳児健診のとき言葉が遅いと言われたらどうすればいいの?

上述した通り、言葉の発達はとても個人差が大きいです。
言葉が早い子もいれば、言葉が遅い子もいます。
ここでは、3歳児健診で言葉の遅れを指摘された場合、どうすればいいのか考えていきましょう。

(1)言葉の遅れの原因

言葉の遅れの原因には様々なものがありますが、主に次の3つが考えられます。


★難聴や聴覚障害
子どもが周囲の音や言葉をよく聞こえていない場合

★発達障害や知的障害
脳のはたらきに問題がある場合

★口や舌などの問題
口や舌の動きや形態に問題がある場合

他にも子どもの性格だとか、養育環境なども原因となることもあります。
そして原因は複数であることも少なくないです。
小さい頃は原因がわからなかったことが、成長するとともに判明していくことだってあります。
3歳児健診で言葉の遅れを指摘されたら、「その原因が何なのか?」を専門家に診てもらいましょう。

(2)言葉が遅いと言われたら

言葉の遅れの原因がわかったら、その原因ごとに対策していきます。
難聴や聴覚障害の場合、補聴器を使用したり、耳鼻科の疾患を治療したりします。
口や舌などの問題の場合、歯科や言語聴覚士など専門家に診てもらいましょう。
発達障害や知的障害は、子どもによって対処法が全く違うので、療育機関などで詳しく診てもらうとよいでしょう。

専門的なアプローチ以外に、家庭でもできることはたくさんあります。


★ゆっくり簡単な言葉で声かけする
小さい子はまだ、長くて早口の言葉を聞き取ることは難しいです。
ゆっくり、はっきり、簡単な言葉を使ってみてください。

★子どもの気持ちや興味を示したものを言葉にする
おいしそうな表情をしたときは「おいしいね」、車を見ているときは「ブーブーだね」などと声かけしてみましょう。
子どもが興味を示したときが、言葉を覚えるチャンスです。

★色々な経験を積む
全体的な発達が進むと、言葉が出てくることもあります。
外遊びをしたり、指先を使った遊びをしたり、他の子とも触れ合ったりすることで、発達が促されます。


スポンサードリンク

2.3歳児健診で発達障害がわかるもの?健診でわかることってどんなことがあるの?

3歳児健診は、子どもの病気や障害の早期に発見することを目的にしています。
この健診では、自閉症スペクトラムやADHD、難聴、知的障害などの有無を診ます。
他にも


  • 運動発達に遅れがないか
  • 視覚や聴覚の問題はないか
  • 栄養状態は良好かどうか

なども診ていきます。
色々な面から子どもの発達を診ていくので、3歳児健診で発達障害が発見されることもあるそうです。

3.3歳児検診で自分の名前が言えないと発達障害?のまとめ

3歳で自分の名前が言えないと、「発達障害があるかも」と心配になるママは多いと思います。
子どもの言葉が遅いと悩む方もたくさんいます。

でも心配なことや不安なことは、3歳児健診で医師や保健師などに尋ねてみてください。
専門家からたくさんアドバイスをもらえますよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント