車のワイパーのウォッシャー液の出し方!量はどれだけ出せばいい?

車のフロントガラスが汚れていると、前が見えづらくとても危ないですよね。

フロントガラスを綺麗にするには、ワイパーから洗浄液を出すのはわかっていても、肝心な「洗浄液の出し方」が分からなくて困っていませんか?

まずフロントガラスに洗浄液を出すには、ウィンカーを出すレバーを手前に動かします。

レバーを引っ張るのではなく、レバーの位置をずらすイメージです。

スイッチを引いている間は、洗浄液の噴射とワイパーの動きは止まりません。

大抵ウォッシャー液1回の噴射で綺麗になります。

でも1度でキレイにならないようでしたら、再度ウィンカーのレバーを動かし、洗浄液を噴射しましょう。

ただしこのときのポイントが、ワイパーのレバーを動かし続けて何度かに分けて噴射させる、ということです。

ずっと長時間洗浄液を出しっぱなしで噴射させていると、洗浄液を出す部品に過度な負荷がかかり、故障の原因になってしまうからなんです。

なので、一度で終わらせようと、大量の洗浄液を出したりせずに、数回に分けて洗浄する。

これが、車に負担をかけない方法なのです!

スポンサードリンク

車の後ろの窓からはウォッシャー液ってどうやって出せばいいの?

車の後ろの窓、いわゆるリアガラスが汚れてしまった場合も、ウォッシャー液を出して綺麗にする事ができます。

リアガラスを綺麗にするには、ウィンカーのレバーの先にあるスイッチを操作します。

レバーの先はくるくる回るようになっており、スイッチを前方に回すと洗浄が始まります。

スイッチを回す方向は、フロントガラスを出す時と逆に回すと覚えておきましょう。

また、フロントガラスの時同様、スイッチを動かしている間はウォッシャー液が噴射し続けますので、注意してくださいね。

(1)ウォッシャー液の選び方

実は、車のウォッシャー液には、様々な種類があるんですよね。

お住いの気候や環境に合わせ、ウォッシャー液を賢く選びましょう!

①洗浄成分のみのウォッシャー液
一般的によく使われているのが、洗浄成分のみのウォッシャー液です。

カー用品店以外にも、スーパーやドラッグストア等で手に入ります。

②撥水効果つきのウォッシャー液
フロントガラスやリアガラスに撥水効果を与え、雨や水を弾くようにしてくれます。

雨降りの日でも快適に運転できるようになるため、人気のウォッシャー液ですね。

③油膜洗浄効果つきのウォッシャー液
走行中にフロントガラスやリアガラスに油膜が付いてしまうと、普通のウォッシャー液ではなかなか落ちないものです。

しかし、油膜洗浄効果つきのウォッシャー液を使用していれば、にっくき油膜を簡単に落とす事が出来るのです。

④解氷効果つきのウォッシャー液
雪国にお住いの方は、朝起きたらフロントガラスやリアガラスが凍結してしまうなんて光景は日常茶飯事ですよね。

ですが、解氷効果がついたウォッシャー液を日頃から使っておくと、フロントガラスやリアガラスが凍結しにくくなるのです。


スポンサードリンク

車のウォッシャー液が片方だけでない時ってどうすればいい?

ウォッシャー液を噴射すると両側から出るはずですが、片側しか出ないと焦ってしまいますよね。

故障だと思って修理工場に持って行く人もいますが、実は自分で対処できる可能性が高いのです!

その対処方法とは、「ウォッシャーノズルの洗浄」です。

ウォッシャーノズルは、ボンネットやワイパー付近についている、爪のような形をした部分です。

片方しかウォッシャー液が出ないとなると、出ない方のウォッシャーノズルが目詰まりを起こしていると考えられます。

洗浄といってもとても簡単です。

用意するものはまち針や、細い針金1本のみです。

まち針や針金をウォッシャーノズルの穴に入れ、何度か出し入れしてゴミをかき出しましょう。

何度か出し入れした後、もう一度ウォッシャー液を出してみてください。

目詰まりが原因であれば、ウォッシャー液は出てくるはずです!

車のワイパーから出る洗浄液の出し方のまとめ

車のフロントガラスにウォッシャー液を噴射したい時は、ウィンカーのレバーを手前に傾けます。

一方リアガラスに噴射したい場合は、ウィンカーの先のスイッチを前方に回します。

ちょっとやり方はややこしいですが、覚えておくと快適に運転が出来ますよ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント