母子手帳の表紙の書き方に決まりはある?失敗せずに書くコツ!

妊娠がわかって、何回か妊婦健診を受診すると、主治医から「母子手帳をもらってきてください」と言われます。

母子手帳をもらうと、お腹に赤ちゃんがいるという実感がわいてきて、いよいよ自分もお母さんになるんだ!とドキドキしますよね。

さて、その母子手帳ですが、もらったらすぐ自分で記入できる部分があります。

その一つが表紙です。

私が持っている母子手帳を見てみると、記入部分は

  • 保護者の氏名
  • 子の氏名
  • 第〇子
  • (子どもの)生年月日
  • (子どもの)性別
でした。

母子手帳の表紙のデザインは自治体によって様々ですが、表紙の記入部分はどこの自治体でも同じです。

この中で、母子手帳をもらってすぐ書けるのは、「保護者の氏名」の部分になります。

でもよく見てみると、保護者の氏名を記入する欄って結構狭いのです!

しかも、ふりがなまで書かなければならない!(自治体によってはふりがなを書く必要がない場合もあります)

私の名前は苗字も名前も画数が多い漢字なので、狭いところに書くとごちゃごちゃしてしまいます。

それでも書かなければいけないので、なるべく細字のボールペンでできる限り小さな字で書きました。

母子手帳の表紙の書き方

まず母子手帳の表紙の書き方ですが、「必ずこうしなければいけない!」という決まりは特にないので、好きなように書いて大丈夫です。

ただ、「保護者の氏名」の欄が2段になっている場合、「上の欄に書くのはパパの名前?それともママの名前なの?」と悩まれる方は多いみたいです。

この場合も、どちらの名前を上の欄に書くのかについても、決まりはありません。

ちなみに私は、上の欄に夫の名前、下の欄に私の名前を書きました。

また、パパの名前を記入せず、ママの名前だけ書いても構いません。

その場合は上の段にふりがな、下の段に漢字でママの名前を書くことができます。

この方法だと、欄が狭くてもきれいに名前が書けそうですね。

もし、入籍前に妊娠して母子手帳をもらう場合は、自分の名前を書く時に注意しましょう。

入籍前なので旧姓で名前を書いてしまいがちです。

入籍予定があるなら、母子手帳を申請する窓口で「〇月〇日に入籍します」と伝えれば、配慮してもらえたり、母子手帳に新姓で記入できる場合もありますよ。

スポンサードリンク

母子手帳の表紙の名前を失敗した!キレイに修正するにはどうすればいい?

母子手帳をもらって、いざ名前を書いたものの、うっかり間違えてしまった!なんてこともあり得ますよね。

ペンで書いて間違えてしまったら、私なら修正テープをビーっとして書き直しますが、それだと見た目がちょっと気になる方もいらっしゃるかと思います。

もっときれいに書き直したいという方は、母子手帳の表紙カバーを自作するのはいかがでしょうか?

文庫本のカバーの母子手帳バージョンと考えてみてください。

「母子手帳に勝手にそんなことをして、妊婦健診の時とか大丈夫かな?」
そんな風に思われるかもしれませんが、表紙カバーに名前など必要事項が書いてあれば問題ありません。

それに、いざとなれば表紙カバーを取り外してしまうこともできます。

表紙カバーを自作する場合は、

「母子手帳 表紙 手作り」

で検索すると、無料のテンプレートや作り方が書いてあるHPを見ることができます。

自作する自信がない方は、ハンドメイドの通販サイトで母子手帳カバーを購入することができます。

母子手帳を自分好みにデザインすることができますし、子どもが複数いる場合は、一人ひとり違うデザインにすると見分けがつきやすいですね。

表紙カバーをつけたくない!という場合には、母子手帳を再発行してもらうこともできます。

ただし、窓口で「書き間違えたので再発行してください」と言ってもあまりよい顔はされません。

申請するときは「母子手帳を紛失した」とごまかした方が無難ですね。

また、すでに記入してある中身の部分は、再記入する必要があります。

この再記入には、妊婦健診を受けている病院でお願いするのですが、お金がかかったり断られることもあります。

なので、実際にはこの方法はあまりおすすめできません。


スポンサードリンク

母子手帳の表紙の名前ってテプラを使って貼っても問題ない?

自分の字にあまり自信が持てない方は、テプラを使っても全く問題ありません。

それにテプラだとフォントも選べるので、自分好みにできますね。

そして、テプラを使う場合には、テープの高さに注意しましょう。

私の持っている母子手帳の保護者の名前欄は2段になっているのですが、1段の高さが6mmという「嫌がらせなのか?」と思うような高さでした。

ですので、テープの高さは6mm以下のものを選ぶ必要があります。

ただあまり幅の狭いものだと、文字の大きさも小さくなってしまい読みにくくなるので注意してくださいね。

母子手帳の表紙の書き方のまとめ

ママと赤ちゃんの記録を綴る大切な母子手帳。

これからたくさんの成長の記録を書き記していくものだと思うと、表紙の書き方ってちょっと緊張してしまいますよね。

でも実際には、表紙の名前の書き方に特に決まりはないので、肩の力を抜いて、自分たちの気に入る形で書いてみてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント