自転車の台風対策で子乗せが倒れて壊れない方法は?

この記事は約5分で読めます。

夏が近づいてくると、気になるのが台風情報ですよね。

年々大型の台風が日本に上陸する回数が多くなり、その被害も大きなものとなってきています。

皆さんは、子どもとの移動に自転車は使用していますか?

「幼稚園の送り迎えや、ちょっとした買いものなどにかかせない!」
という方も多いのではないでしょうか。

台風の際に気を付けたいのが、この自転車などの台風対策です。

しっかりと対策をしておかないと、自転車が倒れて破損してしまったり、飛ばされた部品がどこかに飛んでしまったりと、被害が大きくなってしまうことも(><)

自転車の台風対策!どうしたらいいの?

自転車の台風対策として一番の対策は、“家の中にいれる”ということです。

屋根と壁のある屋内にいれるのが一番の対策となりますが、普段屋外で自転車を保管している方は、中々屋内に自転車をいれるのが難しい場合もありますよね。

そんな時の対策としては、自転車を“ポールや木などにくくりつける”という対策をとりましょう。

台風で飛ばされる心配がなさそうな木やポールがあれば、そこに自転車をたてたままの状態で、ひもなどで縛り付けます。

カバーをつけた状態でくくりつけておけば、雨に濡れる心配もありませんよ。

このとき盗難を防ぐために、必ずチェーンを付けておくのを忘れないようにしてください。

悲しいことですが、台風などの災害時には人通りが少なくなるので、盗難などが増える傾向があるんです。

事前にこのようなことへの対策も、しっかりとしておきましょうね!

スポンサードリンク

自転車をわざと倒す!?台風対策としての効果はどうなの?

台風で強い風が吹くと、たっていた自転車が倒れてしまうことが多くあります。

駅などにある放置自転車が全部倒れている映像などを、テレビでも見かけたことがあると思います。

たっていた自転車が風にあおられて倒れてしまうと、当然ながら車体に傷がつきます。

自転車の倒れ方によっては、カゴがつぶれてしまったり、ブレークハンドルが折れてしまうこともあり得ます(><)

ブレーキハンドルが折れかかった状態では、ブレーキが利かなくなる可能性があり非常に危険です。

また、子供を乗せて走る自転車は、電動自転車であることが多いと思います。

電動自転車は重量が重いため、倒れた時もダメージが大きく、壊れてしまう可能性も高くなってしまいます。

そのような事態を防ぐために、あらかじめ“自転車を倒しておく”という台風対策もあります。

風にあおられて倒れる前に自ら倒しておくので、勢いで倒れた際のダメージよりは壊れる可能性が低くなりますよね。

しかしデメリットとしては、やはりハンドルグリップやカゴなどに傷がつく可能性がある、と言うことでしょうか。

新しい自転車の場合は、ちょっとした衝撃でも傷が目立ちやすいので、あまりオススメできません(;^_^A

また、自宅の車庫などに自転車を保管している方であれば問題ありませんが。

でも、アパートやマンションなどの共有の自転車置き場では、自転車を倒しておくスペースは中々ありません。

他の場所で倒しておくのはマンション内の方に迷惑になる可能性がありますので、やめておきましょうね!


スポンサードリンク

自転車置き場への台風対策!直前でも簡単にできるアイデア

自転車への台風対策としていくつかご紹介をしましたが、自転車置き場に台風対策ようのアイテムを置くことで、さらに効果的に台風対策をすることができます。

「もうすぐ台風がきてしまう!!」という直前でもできるアイデアですので、是非参考にしてみてください(^^)

★サイクルハウスを置く
戸建て住宅にお住いの場合、自転車はカバーはかけているけど、そのまま野ざらしに置いているという方も多いと思います。

そのような場合にオススメなのが、“サイクルハウス”と呼ばれる自転車用のビニールハウスの設置です。

このサイクルハウスは、お庭などに空きスペースがあれば、そこに置くだけであっという間に屋根付きの自転車置き場が完成します。

雨風をブロックしてくれますので、雨の自転車のサビ防止にも役立ちますよ!
■人気のサイクルハウスを楽天市場で見てみる

★自転車カバーをする
空きスペースがあればサイクルハウスを置くことが出来ますが、場所がなければできませんよね。

そのような場合は、高性能の自転車カバーで代用しましょう。

最近では100円ショップなどでも自転車カバーは販売されていますが、高性能の少しお値段のする自転車カバーであれば、効果的に雨風を防いでくれます。

台風や豪雨の時だけでも、高性能の自転車カバーにかえてみてはいかがでしょうか。
■人気の高性能自転車カバーを楽天市場で見てみる

このようなカバーであれば、台風の直前でもサッと対策をすることができますので、是非お試しください(^^)

子乗せの自転車の台風対策!のまとめ

子乗せの自転車の台風対策について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

台風は、強風だけではなく、沢山の雨も被害の原因となります。

特に電動自転車の場合は、電気系統に水がかかってしまうと故障の原因となってしまいます。

屋内にいれたり、カバーをかけたりして、大切な愛車をしっかりと台風の被害から守ってあげてくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント