猛暑日に自転車への幼児の後ろ乗せが危険!熱中症対策はどうする?

子供がある一定の年齢に達するまで、幼児を自転車の後ろに取り付けたチャイルドシートに乗せて

  • 保育園への送迎
  • お買い物
  • ちょっとしたお出かけ

といった感じで「自転車に幼児の後ろ載せ」で移動されているママさんも多いのではないでしょうか?特に保育園だとか幼稚園への送迎は、毎日のことなので、本当に大変ですよね。

そんな風にして幼児を自転車に乗せるとき、気を付けたいのが真夏の暑い日の「熱中症対策」です。「自転車に乗せているんだから、風もあたっているし大丈夫」なんて思ってませんか?

後ろに乗せていると、意外と子供の変化にも気が付きにくいので、とくに最近多くなってきている「猛暑日」なんかでは、注意が必要なんですよね。

そこで、そんな猛暑日に子供を自転車の後ろに乗せて、保育園の送迎などをしているときの、熱中症対策のポイントをご紹介していきますね。

スポンサードリンク
  

子供を自転車に乗せるときの暑さ対策

自転車では、子供はたいてい後ろに乗せるので、親は子供の様子を見る事が出来なくなり危険です。

そのため、出かける時には、必ず日よけに帽子やヘルメットをかぶせましょう。

小さなお子さんが嫌がる場合がありますが、「帽子、似合ってるよ!」「みんな、かぶってるから〇〇ちゃんもかぶろう!」など、安全のためになんとか機嫌をとってかぶらせてあげてください。

暑さ対策としては、シートの後ろに保冷剤をタオルの中に入れてあげること。これで背中の暑さがずいぶん改善されますよ。

長時間自転車を炎天下に駐輪しておくときの注意点

また、長時間炎天下に自転車を放置する場合、子供の座るビニール椅子が猛烈に熱くなってしまいます。

そんなときには、タオルや100均などで売っている断熱シートで、日よけをしておきましょう。

今はシュッと吹きかけるだけで、瞬間的に冷やせる便利な「冷却スプレー」などもありますので、使ってみるのもいいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チュチュベビー 冷却スプレー 100ml
価格:1078円(税込、送料別) (2018/4/7時点)

子供を自転車に乗せるとき熱中症対策

これからの時期、一番気になるのは熱中症です。!大人と違って、子供は自分の症状に気がつきにくいものです。

子供は、大人よりも体温調節機能が未熟です。そのため、すぐに熱が体にこもり熱中症になってしまいますので、子供にはこまめに水分を与えておきましょう。

歩く時より疲労も感じない自転車ですが、熱中症を防ぐことができません。長時間、子供を自転車に乗せるときは、こまめに休憩をとったり、水分補給をしっかりしてあげるなどして「子供のことを中心」に考えて、移動することをお勧めします。

子供を自転車に乗せるとき気を付けること

夏はどうしても、肌の露出が多くなるので、日差しが強い時は子供用の日焼け止めを使用して下さい。

子供は肌が弱いので、長時間日差しの下でそのままにしておくと、日焼けから低温やけどみたいになってしまうこともあります。

そうならないためにも、ぜひ、日焼け止めを塗って出かけましょう。オススメ日焼け止めをご紹介しておきますので参考にしてみてください。


スポンサードリンク

子供が大量に汗をかいた後の栄養補給

子供は自転車のチャイルドシートに乗っているだけなんですが、猛暑日には、想像以上に汗をたくさんかいているんですよね。

そんな風に、たくさんの汗をかいてしまったあとには、たんぱく質豊富な牛乳を飲むとよいそうです。

運動後にタンパク質を取ると、「アルブミン」という成分が合成されます。アルブミンには「水分を保持する働き」があるため、体内に水分が引き込まれ、血液量が増えるんです。

血液は汗の材料でもあるため、血液量が増えると汗をかきやすくなったり、皮膚血流の増加による熱放散をしやすくなったりして、体温があがりにくい体になりますよ。

猛暑日に自転車での幼児の暑さ対策のまとめ

子供の皮膚は薄いので、紫外線のダメージをダイレクトに受けてしまいますし、日焼けを繰り返すと、大人になってから皮膚がんになる可能性も高まります。

親御さんの1つ1つの心配りが、子供の熱中症対策に繋がります。

これからの暑い夏を乗り切るために、ご自身はもちろん子供さんと一緒に十分に気を付けて、色々試してくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント