米粉パンが発酵してもなかなか膨らまない!簡単にできる対処法

この記事は約7分で読めます。

米粉パン、作ったことはありますか?

強力粉や薄力粉を使ったパンよりも

  • もっちりしていて重量感があり
  • 少し甘味も感じられて
とってもおいしいです。

そして米粉パンは、小麦アレルギーがある人でも食べることができます。

私もたまにパンを作るのですが、ほとんど強力粉か薄力粉を使います。

しかし、以前いつも買いに行く製菓材料店で米粉が安くなっていたので、思い切って購入したことがあります。

そして、いざ!

家に帰って作ってみましたが、なかなかうまく膨らまずにショックを受けました。

実はこのとき私が作ったのは、普段のレシピの小麦粉の分量をそのまま米粉に変えたものでした。

後からわかったのですが、「米粉はそのままの分量では、強力粉の代用にはならない」ということ(今考えたら当たり前ですが)

そりゃ膨らみません。

では、どのようにすれば、米粉は上手に膨らんでくれるんでしょうか?

そこでこの記事では、米粉を使ったパンを作るコツや上手に膨らませるポイントを詳しく見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

米粉パンを膨らませるコツやポイントは?

膨らみにくい米粉パン。

米粉は、小麦粉よりも片栗粉に近いような性質を持っています。

そう言われると、膨らみにくいのもなんとなく想像できますよね。

では、米粉パンを膨らませる6つのポイントを見ていきましょう。

①材料の計量は正確に!
もう初歩的すぎて恥ずかしいですが、私の間違いの原因はここにありました。

パンやお菓子は、分量がとても大事です。

面倒かもしれませんが、一つ一つ丁寧に計量してください。

繰り返しになりますが「小麦粉と米粉は性質が違います!」

なので、使うレシピは「米粉で示されているもの」を見て使うようにしてくださいね。

②よくこねること
我が家にはホームベーカリーがないので、パン作りはいつも手ごねです。

私は無心で「ズドーンズドーン」と台に生地を叩きつけて。

そうやってこねる作業がストレス発散になるので、大好きです。笑

パン生地のこね始めは「え、これがまとまるん?」というくらい「ベチョベチョカサカサ」(どっちやねん)な、そんな状態から始まると思います。

小麦粉の場合は、生地を両手の指で薄く引っ張って出来具合を確認します。

正直、小麦粉のときは「まぁこれぐらいでいっか」でもなんとなくパンはちゃんと膨らんでくれます。
(私の経験上ですが)。

でも米粉の場合は、この「こねる作業」がとても大事なポイントなんです。

生地がまとまるだけでなく、触ったときに指にひっつかなくなるまで、よーーくこねる必要があるんですね。

そうやってよーくこねているうちに、米粉が充分に水分を吸うと生地がまとまってきますよ。

このとき、ハンドミキサーなどでぐいぐいこねる人もいるようですよ。
(機械が壊れないように気を付けてくださいね!)

③米粉の種類は「ミズホチカラ」がおすすめ!
私が安いと思って買った米粉は、お米の種類まで確認せずに購入したものでした。

なので、なんというお米だったのか今はもうわかりません。

製菓材料店で売られているものなので、もちろんパンもきちんと焼けるものであると思うのですが。

ただ、私の技術ではうまくいきませんでした(私の場合はそもそも分量がおかしかったからですが(笑))。

しかし、この「ミズホチカラ」は、パンに向くように作られているようなので、私のような「米粉パン初心者」の方は、この名前を探して米粉を購入されると良いですよ。
■米粉パンが上手にできる!「ミズホチカラ」の詳細を見てみる

④材料は賞味期限内のものを使う
パン作りはハマっていくと、とどんどんいろんな材料を使います。

でも、パン作りへの情熱が落ち着いてくると、なかなか材料は減りません。笑

そうやって賞味期限が切れてしまった材料では風味だけでなく、本来のパワーが発揮できないことがあるので注意してくださいね。

米粉だけでなく、ドライイーストなどの材料も賞味期限内のものを使うようにしてください。

正直、私は賞味期限切れのものでも普通に使う人なのですが、米粉パンを作るときだけは少し気を付けた方が良いのかもしれないなと思っています。

⑤ホームベーカリーを使う場合は説明書を熟読すること
私は手ごね専門なので、ホームベーカリーのことはよくわからないのですが、どうやらホームベーカリーはメーカーによって、おすすめの米粉などがあります。

家電の説明書って、基本操作を覚えたらをあまり読まないで直してしまうことが多いですよね。

でも説明書にこそ「機械にぴったりの使い方」が書かれています!

なので、

  • 米粉の種類
  • 作り方(温度センサーの具合で、あらかじめ米粉や水を冷やしておく必要がある、など)
を熟読した上で、米粉パン作りに挑みましょう。

⑥冷まし方に注意
食パンの型で焼いた場合などは、型から外してあら熱を少し取ったら、キッチンペーパーとサランラップで包んで少しずつ冷ましてください。

こうすることによって、パンの乾燥を防ぐことができます。

焼き上がって2~3時間経つと、切りやすい状態になっていますよ。


スポンサードリンク

米粉パンをグルテンフリーで作った場合も膨らまない?原因は何?

グルテンは、小麦の中に含まれていて、食物アレルギーの原因になる物質です。

グルテンを使わない(=グルテンフリー)パンであれば、小麦にアレルギーがある人でも安心して食べることができます。

米粉にはグルテンが含まれていないので、グルテンフリーのパンを作るのに最適です。

グルテンは、水を加えてこねることで

  • 編み目の構造を立体的に作りあげ
  • 発酵によって作られた二酸化炭素を閉じこめることにより
  • 生地を膨らませたり生地を丈夫にする
という重要な役割を担っています。

米粉パンが膨らみにくい原因は、この「グルテン」が含まれていないことにあります。

発酵してできた二酸化炭素を閉じこめることができず、パンが思うように膨らまないのです。

米粉パンが膨らみにくく、作るのが難しいというのはこういうことだったのですね。

米粉パンが発酵してもなかなか膨らまない!のまとめ

米粉パンが発酵してもなかなか膨らまないのはなぜ?ということについて見てきましたが、いかがだったでしょうか?

最後にポイントをおさらいしておきましょう。

★米粉パンが発酵してもなかなか膨らまないときのおさらい
  • 米粉には、ふんわりと仕上がるために重要な「グルテン」が含まれていないので、膨らみにくく、作るのが難しいと言われています。
  • 米粉パンを失敗せずに作るには「米粉パンのレシピを使い、計量を正確にすること」「よくこねること」「賞味期限内の材料を使うこと」「ホームベーカリー使用の場合は説明書を熟読すること」「焼き上がったあとはキッチンペーパーとサランラップで包んで冷ますこと」などがあります。

ご紹介してきたことを参考にして、あなたもぜひ「米粉パン」に挑戦してみてくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント