バーベキューの変わり種で子供大喜びのアイデアメニュー!

この記事は約8分で読めます。

青空の下、感染症対策も万全にすることで、家族みんなで楽しめるバーベキュー。

コロナ渦の今は、オートキャンプ場などがとても人気だそうです。

キャンプ場に行かなくても、お庭バーベキューをされる方もいると思います。

同じお肉でも、外で食べるだけでなんであんなにおいしいんでしょうね♪

家族でバーベキューをするのは楽しいですが、小さい子供はどうしても途中で飽きてしまいます。

最初は「早く早く!」と急かしてきますが、終盤はぐだぐだしてしまうのが我が家のお決まりパターンです。

そして最後は大人のみが無言で火の当番をしながら、ビール片手に残り物を焼いてちびちび食べるんですよね。笑

それはそれで良いんですが、子供でも最後まで飽きずに!

そして欲を言えば、バランス良くいろいろなものを食べることができればとても嬉しいですよね。

そこでこの記事では、子どもが喜ぶバーベキューの変わり種をいくつかご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

バーベキューで大人気の串焼きで子ども用におすすめの具材ランキング!

「子ども用の串焼きで大人気の具材」を私の独断と偏見で、ランキング形式にまとめてみました。

【5位】海鮮(エビ・イカ・サケなど)

我が家は海鮮類が大好きです。

エビは有頭のものを焼くととても豪華でおいしいのですが、ちょっと食べにくいです。

子ども用に作るには、殻をむいた大き目のバナメイエビやブラックタイガーを丸まった状態で串に刺すと食べやすくて良いと思います。

いろんな種類の海鮮を一つの串に差して海鮮スペシャル串を作っても良いですね。

サケは網で焼くのが難しいと思うので、その場合はお皿状にしたホイルにバターを入れて焼いてみてください。

あぁ、想像しただけでヨダレが…。笑

【4位】とうもろこし

ワイルドに食べるなら一本まるまるで焼きます。

最後まで一人で食べられないかもしれませんが、まるごとかじりつくのって楽しいですよね。

小さい子どもや、お上品に食べたい場合は、ある程度の大きさで切って串に刺します。

しょうゆを塗りながら焼くと、香ばしいにおいが食欲を誘います。

普段とうもろこしをあまり食べない子どもでも、バーベキューにすれば食べてくれるかもしれません。

【3位】ハンバーグ・ミートボール

私が小さい頃では、考えられなかったBBQ具材です。

どちらも手作りするのは大変なので、冷凍のものを使うと簡単で焼きやすくて便利ですよ。

バーベキューで、ハンバーグやミートボールを食べるっていうのも新鮮で良いですね。

【2位】焼き鳥

老若男女の大好物、焼き鳥です。

ちょっと手間ですが、いろいろな部位の鶏肉を使って串を作ると飽きずに食べられますよ。

ちなみに我が家では、塩で焼いた鶏皮串が大人気です。

【1位】ウインナー

子どもと言えば、ウインナー。

ウインナーと言えば、子ども(違うか)。

もう、我が家ではテッパンの具材です。

BBQのときにウインナーを買い忘れた日にゃぁ、子供たちの暴動が起こると思います。笑

なのでBBQのときには、子供用に肉よりもとりあえずウインナーを先に焼きます。

そのまま焼いても良し、野菜と交互に串に刺しても良し。

うちの子たちは焼き上がりを待てないので、庭バーベキュー時には台所のフライパンで軽く焼いてから網に乗せています。(バーベキューの意味って…笑)

バーベキューでの串焼き以外の子どもに人気のメニュー

串焼き以外にも、バーベキューで子どもが喜ぶメニューを見ていきましょう。

①BBQでチーズフォンデュ
チーズが好きな子ども、多いですよね。

カマンベールチーズの上部を切り取って(もちろんこの部分も食べる)、アルミホイルで作った器の上に乗せて焼くだけです。

ピザ用チーズ等でも良いですが、カマンベールチーズが一番扱いやすいと思います。

そして、そのとろけたチーズに

  • にんじん
  • ミニトマト
  • じゃがいも
  • ブロッコリー
  • ウインナー
  • パン
などの、お好みのものを付けて食べましょう。

野菜が苦手な子どもでも、ペロッと食べてくれますよ。

②焼きおにぎり
バーベキューと一緒に食べる主食として、普通のおにぎりを作る人も多いと思いますが、それを焼きおにぎりにしてみるのはどうでしょうか。

ただ、しょうゆなどの調味料を入れたおにぎりをアルミホイルの上で焼くと、どうしてもボロボロになってしまいます。

なので、アルミホイルの上で焼くのであれば充分油をひくことがポイントです。

絶対失敗したくない、ということであれば、家で軽く焼いておいて、それをアルミホイルで包み、網の上であたためるように追加で焼けば、失敗がありませんよ。

ちなみに「我が家の焼きおにぎり」は

  • しょうゆ
  • みりん(少し)
  • かつおぶし
を適当に混ぜてごま油で焼いた「シンプルな焼きおにぎり」ものですが、とてもおいしいですよ。


スポンサードリンク

バーベキューでの変わり種デザート5選!インスタ映えもバッチリ!?

最近は、なんでも「映え」を意識してしまいがちですよね。

腹ペコの子どもたちの前では、映えた瞬間を写真におさめることは至難の業かもしれませんが、映えを意識した変わり種のデザートをいただきましょう!

①チョコレートフォンデュ
チーズフォンデュと同じように、ディップ形式のデザートです。

お弁当のアルミカップを使うと便利です。

パンやマシュマロをつけて食べてください。

とろーりとした瞬間が映えますよ。

②焼きマシュマロ
少し前までは「焼きマシュマロ」が目新しく思っていましたが、今ではもはやバーベキューの定番になっているかもしれませんね。

串に刺して、少し焼き目が付けばOK。

そのまま食べても良いですし、ビスケットやクラッカーではさんで食べても良いですね。

③フレンチトースト
「え?BBQでフレンチトースト?」と思われるかもしれませんが、バーベキューでもできちゃうんです。

前にテレビで見たのですが、スキレット(小さな鉄のお鍋)で作るとむちゃくちゃ映えます。

フレンチトーストは前日の夜に卵液に付けてジップロックなどに入れて仕込んでおけば、当日は焼くだけで良いので簡単です。

スキレットがない場合は、アルミホイルの上で焼いてももちろん大丈夫ですよ。

④ポップコーン
ポンポンはじける音と、香ばしいにおいが嬉しいポップコーン。

市販されている、手で持つところがついたアルミ鍋に入っているものが一番お手軽です。

味もついているので、本当に簡単でおすすめです。

⑤焼きリンゴ
リンゴを焼くのもなかなか楽しいです。

芯をくりぬいて丸ごとアルミホイルで包んで焼いても良いですし、スライスしてバターやお砂糖と一緒に焼いても良いです。

家庭ではあまりしないデザートなので、子どもたちのテンションも上がりますよね。

食べ物が映えている瞬間を写真に撮れなくても、子どもたちの喜んでいる顔を撮れればそれが一番「映え」ですよね。

子どもたちと一緒に「BBQでのデザートの計画」を立てるのも楽しいと思いますよ。

バーベキューの変わり種で子どもが大喜びのアイデアメニュー!のまとめ

「バーベキューの変わり種で子どもが大喜びのアイデアメニュー」ということについて見てきましたが、いかがだったでしょうか?

最後にポイントをおさらいしておきますね!

★子どもが大喜びするバーベキューの変わり種のポイント
  • バーべキューでは、お肉以外にも「ウインナー」「焼き鳥」「ハンバーグ・ミートボール」「とうもろこし」「海鮮」などがあればお子さまが大喜びしてくれると思います。
  • その他にも、チーズフォンデュや焼きおにぎりも人気です。
  • 映えるデザートのおすすめは「チョコレートフォンデュ」「焼きマシュマロ」「フレンチトースト」「ポップコーン」「焼きリンゴ」などです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント