成長痛を感じやすい場所は?痛みが出やすい場所はどこ?

この記事は約5分で読めます。
スポンサードリンク

成長期に「足が痛い・・」言うと、「成長痛じゃない?」と言われて片づけられたことはないですか。

「成長痛」自体は、病気ではないと考えられていますが、

成長痛ってこんなに痛いの?

成長痛は、どんなところが痛くなるの?

本当は、成長痛ではなくて違う病気じゃないの?と不安になることはないですか?

そもそも、成長痛ってなに?と思いますよね。

ここでは、
★成長痛の仕組み
★痛み方
★痛む部分
★時期
★成長痛と似た症状の病気
など、不安に感じていることについて、見ていきましょう。

スポンサードリンク

成長痛を言葉に表すとどんな痛み?感じ方の特徴とは?

痛みの具合は、人それぞれですがひどい痛みの場合は、痛くて泣いてしまう子もいます。

痛くて、眠れないと寝不足になる場合もあるんです。

成長痛とは、骨が急成長するために起こる痛みと言われています。

痛みの感覚として「ギシギシ」「ミシミシ」といった、骨がきしんでいるような感じがするという人もいます。

また、筋肉痛のひどい感じという人もいます。

  • 筋肉が痛くて動かしにくくなってしまう
  • 痛みで歩けない
  • 手を上げられない
  • 寝転がると痛い
など、人によって痛みや場所が違うので成長痛はこう!といったことは言えません。

成長痛を感じる場所や症状の特徴は?何歳ごろに感じやすい?

実際に成長痛は、足が痛い、とよく聞きますが、どの部分に痛みが出てくるのでしょうか。

また、何歳ごろが痛みのピークになるのでしょうか。

ここでは

  • 痛みの特徴
  • 痛くなりやすい部分
を見ていきましょう。

もし、今痛みがあるようであれば。

自分の状態と比べてみて、成長痛なのかそうじゃないのか参考にしてみてくださいね。。

成長痛の痛みの特徴

①夕方から、夜にかけてひざの辺りが痛い

②痛みは30分から長くても一時間くらいで治る

③朝になると痛みは治っている

④決まった周期はないが、くりかえし痛みがある

この特徴に当てはまる場合は、「成長痛」の可能性が高いです。

必ずこうです、といったことではありません。

痛みが続かないのであれば、そんなに心配する必要がないかな?くらいで考えましょう。

成長痛のタイミング

成長痛が出てくる年齢としては、3歳~12歳がピークと言われています。

特に、下半身に痛みが出やすいのが特徴で、痛くなる部分は

  • 股関節
  • かかと
  • ふくらはぎ
  • 太もも
などです。

大人になってから、このような症状が出た場合は、別の病気の可能性があるので医療機関を受診しましょう。

成長痛の正確な原因は不明です。

ですが、成長期の子供は骨や筋肉、関節などが柔らかいので、激しい運動などをすると疲れがたまり痛みの原因になります。

なので、体育の授業で激しく足を使ったり、習い事で激しい運動をすると、痛みが出やすいこともあります。

運動をした後に痛みが出やすいなど、理由がわかっているのであれば、準備運動やストレッチをしっかりしましょう。

また、無理な動きは控えて、見学したりすることも考えましょう。

成長痛の痛みは期間限定ですが、それがきっかけで大きなケガをしてしまったら大変です。

そのケガが、一生ものになってしまうかもしれません。

成長痛を治すには?

最初からお話しているように、成長痛は痛みの原因がわからないので、治す方法がありません。

痛みに対してのストレスが、さらに痛みが増す原因になります。

痛みがある部分に手を当ててさすってもらったり、温めるなどすると痛みが治ることも。

また、軽くストレッチをしてリラックスできる状態に持っていくことで、痛みを軽くするきっかけになりますよ。


スポンサードリンク

この症状は注意!成長痛ではない場合の症状

では次に、「成長痛?」って思いがちだけど、実は注意が必要な症状について、見ていきましょう!

①痛くなってから8時間以上痛みが続く
②いつも同じ場所が痛くなる
③痛みがどんどんとひどくなってくる
④痛みがある部分が腫れている
⑤痛みのある部分が熱をもっている、または発熱している
⑥朝になっても痛みが治らない
⑦足を引きずらないと歩けない
⑧14歳以上である

これらの場合は、整形外科など一度病院に診てもらいましょう。

大人が言うから、病院で言われたからと、上のような症状があるのに放っておくと、大変な病気になっていることもあります。

成長痛を感じやすい場所のまとめ

成長痛は、何度も言うようにこれといった原因がないと言われています。

原因がわからないのに、痛みが出るとか不安でしかないですよね。

とりあえず、痛みが出てきたときは一日様子を見て、痛みが続くようなら病院に相談してみましょう。

ただ、不安が消えないのであれば、一度病院に行ってレントゲンを撮影してもらうといいですね。

そして、何も病気がないことをみてもらえば、安心ですね。

一番大切なことは、痛みが続くのに勝手に我慢をしていること。

また、痛みが続くのに「成長痛」と言われて我慢しておくこと、です。

病院に行くのを怖がり避けていると、後から後悔することになります。

そうなってからでは遅いので、必ず体の状態は周りの大人に相談しましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント