赤ちゃんにも安心のお風呂のカビ掃除!害のない安全な方法って?

「お風呂のカビが気になる!」そんな時は、カビ防止剤を入れればOKなんですが…

お家に赤ちゃんくらいの、乳児のお子さんがいる家庭だと

「まぜるな危険!」
「乳児の手の届かない場所に保管しましょう」

と、でっかく書いてある薬品を堂々とお風呂場で使うのに、やっぱり抵抗がある人も多いのではないでしょうか?はずです。

お風呂場の掃除中に、子供がうっかりお風呂場に侵入して、防カビ剤を舐めたりなんかしたら…。

シュッシュッと吹きかけて、霧状になった防カビ剤が、お風呂場から漏れてしまって、子供が絶対に吸い込まないとは限らないし。考えただけでゾッとしますし、心配ですよね。

「お風呂をキレイに保ちたい!でも、うちの子供に悪影響を与えたらどうしよう!」

そんな心配をされているお母さんのために、赤ちゃんがいるご家庭でも安全してできる「お風呂のカビ掃除の方法」をご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

カビとカビ防止剤が子供にどれくらい悪影響を与える?

そもそも、カビ防止剤が赤ちゃんに悪影響なら、「カビを退治しないでそのままにしとけば?」と思う方もいるかもしれませんね。でもちょっと待ってください!この「カビ」自体が、子供にとっては悪影響そのものなんです。

カビは「菌」ですから、免疫力の弱い乳児にとっては、カビが「毒そのもの」なんです。うっかり吸い込みすぎると、喘息やアトピーといったアレルギーを引き起こす危険性があるんですよね。

カビそのものが子供にとって有毒なもの

さらに、免疫力だけでなく、皮膚や消化器官が弱い乳児は、カビだけでなく、少しの雑菌でさえも有毒と化し

  • 腹痛
  • 湿疹
  • 下痢

といった悪影響を及ぼしたりもしてしまうんですね。

カビはお風呂場のお湯、入浴グッズにも付着しているので

  • お湯を知らず知らずのうちに飲んだり
  • カビのついたお風呂グッズを触って病気に侵される

なんていう危険もあるんですね。よって、「カビを放置する」なんてありえません!速攻退治あるのみですよ!

カビそのものが子供にとって有毒なもの

次に「カビ防止剤」の危険性です。

ドラッグストアの「お風呂場用品ゾーン」に置いてあるようなカビキラーには、カビを根本から分解させる強力な成分である「次亜塩素酸ナトリウム」というのが含まれています

家事などで慣れている主婦の方なら経験済みでしょうが、カビキラーでお風呂場をシュッシュッとしていると、鼻にツーンとくる刺激臭がします。これは、次亜塩素酸ナトリウムの独特の臭いです。

大人でもかなり「イヤ~な臭い」と感じるのに、まだ小さな子供だと「泣き叫ぶような臭い」であるといえます。

「まぜるな危険!」の意味は、カビキラー単体で使いましょうという警告です。「強力な薬品+もう一つ別の強力な薬品と混ぜたら最強では?」という考えは絶対にNGです。

うっかり「酸性の成分」が入った薬品と混ぜてしまうと「塩素ガス」という有毒なガスが発生してしまって、命の危険もあるので要注意ですよ!!


スポンサードリンク

乳児に害が出ないための防カビ剤の使い方・注意点

まず、大事なのは換気!

お風呂の戸は必ず閉めて、可能であれば内側からカギをロック!お風呂場の換気扇をON!天窓をオープン!

掃除する時はゴーグルとゴム手袋をつけましょう。

カビキラーの臭いが気になるときは

掃除した後に残る、例のあの「ツーン」とくる次亜塩素酸ナトリウムの独特の臭い。この残り香も人体に悪影響なのでは?と思ってしまいますよね。

実際には、臭い自身には害はありませんが、気になるのであれば、お風呂場全体をシャワーで水洗いして洗い流すのがいいでしょう。

この臭いというのは、長ければ一週間ほど続く場合があるのですが、自然に分解してくれるので特に危険はありません

単に「臭いがキツイ」というだけで、実は乳児をカビから守ってくれてるだけなんです

いわゆる「ツンデレ」というやつですね。笑

赤ちゃんにも安心のお風呂のカビ掃除のまとめ

防カビ剤より、普段から換気をして湿気を取るということが、一番のカビ防止につながります。

それでもカビが発生したら、「カビ・即・斬!」を心がけましょう。

それでも、あの独特な臭いがイヤで…という方は、カビキラーのような速攻性はないですが、臭いが軽めの「自然成分が豊富なカビ防止剤」を使いましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント