子供の足を洗っても臭いが消えない!爽やかな香りになる洗い方!?

子供が家に帰ってきて『ただいま~』の声と同時に、何かツ~ンとした酸っぱいような、香ばしい臭いがしませんか?

これって、子どもの足のにおいなのです。

靴はキチンと洗っているのに…と思われるでしょうが、足の裏にはたくさんの汗腺(汗の出る道)があります。

汗そのもののにおいは無いのですが、そのたくさんの汗が、靴の中で蒸れることによってあのツーンとした強烈な臭いになるのです。

これが、自宅だからまだいいものの「お友達の家に遊びに行ったとき」だったり、靴を脱ぐような座敷があるお店での食事のとき」だったり…なんて考えると、ゾッとしてしまいますよね。

この記事でお伝えしたいこと

  • 子供の足の裏のにおいの仕組み
  • 足の洗い方を変えるだけで効果抜群な方法!
っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク

子供の足の裏のかぐわしい臭いの仕組み

ヒトの体には『常在菌』という微生物がすんでいます。この常在菌の仲間には

  • ビフィズス菌
  • 乳酸菌
  • 大腸菌
など、みなさんにもなじみのある名前の菌があります。

実は皮膚にも住んでいる常在菌

そしてこの常在菌は、ヒトの皮膚にも住んでいて、酸性を好む微生物を食べてくれて、皮膚を弱酸性にしてくれる大事な役目を持っています。

常在菌にも、善玉菌と悪玉菌の二種類があるのですが、においをもたらす原因は悪玉菌の仕業なのです。

足の裏はとっても汗をかきやすい

実は、足の裏には背中の汗腺の5倍~10倍もの汗腺があります。どれだけすごい量の汗をかいているのか、考えただけでゾッとしますね。

その汗が靴の中で蒸れて雑菌になるのです。

靴の中が蒸れたことで角質がはがれやすくなり垢(あか)となります。その垢を雑菌が分解することで、あのツ~ンとした強烈な臭いになるのです。


スポンサードリンク

足の洗い方を変えるだけで劇的に臭わなくなる効果抜群の方法!

洗っても洗ってもにおいがとれない子供の足は、他の体の部位とは違うお手入れをしてみましょう。

みなさん、ボディーソープを使って足も洗っていると思うのですが、足は『石鹸』で洗ってみませんか?

実は石鹸はボディーソープに比べて洗浄力が強いので、雑菌をより洗い流してくれますよ。

石鹸を使った効果抜群な足の裏の洗い方

まずは足を洗う前にゆっくりと足湯をして、足の角質を柔らかくしましょう。

洗面器にお湯を張って足をつけておきます。

次に石鹸を泡立てて足を洗うのですが、このとき手で洗うことをおすすめします。

ブラシやタオルでゴシゴシ洗うと、体に必要な皮脂がたくさん奪われてしまい、失った皮脂を補おうとたくさん皮脂を分泌しようと体が働きます。

すると、肌が敏感になってきて分泌量の調節が難しくなってしまい、弱酸性を保つお肌のバランスが崩れて、逆に悪玉菌が増えてしまうことになりかねません。

また、手で洗うと足の隅々まできれいに洗えます。このとき、足の指と指の間をしっかりと洗うことがポイントです。

手洗いのときも指と指の間をしっかりと洗いますよね。足だって同じなのです。泡で足全体を丁寧に洗ってあげれば、かなりの雑菌は落とせます。

洗い終わったら水分はしっかりとふき取りましょう。

水分が残っていても雑菌の繁殖のもとです。指と指の間も忘れないでくださいね。

子供の足が洗っても臭いが取れない!のまとめ

「子どもの足のにおいには、足の洗い方をひと工夫するだけで問題解決!」ということについてお伝えしました。

においの予防には、何よりも「足を清潔にしておくこと」が大切です。家に帰ってきたら、すぐに足を水洗いするだけでも全然違いますよ!

洗うのが難しい場合は、ウエットシートなどで足を拭いてあげてから、清潔な靴下にはきかえるだけでも効果的です。

まずは、身近にできることから試してみてはいかがですか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント