保育園の服に書く名前がにじむ!簡単ひと手間で効果抜群の方法

この記事は約4分で読めます。

寒さのきびしい時期ですが、保育園への入園や入学準備での名前書きってとっても大変ですよね。

「肌着」
「着ていく服」
「小物の袋」
「体操服」

などと、これ以外にもかなりの量があります。

その中でも一番苦労するのが、子供服のタグへの名前書きではないでしょうか?

きれいに書いてあげたいのだけれど、どんなに気をつけていてもマジックを生地に付けたとたん「モワ~」とにじんでしまって。

「チーン」と、悲しい思いをしたこともたくさんあります。

そこでこの記事では、どうにかきれいに書いてあげたくて、いろいろと試行錯誤してみて。

私が実際にいろいろと試して驚くほど簡単に成功した方法について見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

たったひと手間で簡単に大成功!子供服のタグへの名前書き驚きの方法

保育園の服などに書く「子供服のタグに書いた文字」がにじむのって、どうすればいいのでしょうか?

その答えは「繊維のすき間をなくしてしまえばいい」のです。

「なくすってどういうこと?」と思いますよね

簡単に繊維のすき間をなくしてしまう方法

簡単なのは水でぬらすこと!

少し湿らせてから油性のマジックで書いてみると、不思議なことににじみません。

ここで大事なポイントが「油性のマジック」を使うということです。

間違えて水性のマジックを使ってしまったときは、湿らせた水とインクがまざり合ってとんでもない結果になってしまいます。気をつけてくださいね

湿らせるときに使うのはスプレー容器が簡単でお手軽なのでおすすめです。

湿らせすぎたときは水分をふき取れば大丈夫です。

水分の上からマジックで書いても大丈夫なの?

私の場合は、ママ友からこの裏技をきいたとき。

最初はわたしも「えっ?水で濡らした上からマジックで書いても本当に大丈夫なの?」そう思って疑っていたのですが、実際に試してみたところ大成功!

そのときには「おぉぉー本当ににじまないんだ」と、感動ものでしたよ。

それからというもの、子供服のタグに名前を書く前には「シュッ」が定番になりました。

子供服への名前書きってどうしてにじんでしまうの?

ではなぜ、子供服のタグに書いた文字ってあんなににじんでしまうのでしょうか?

原因を考えて見ましょう

その原因は、「繊維のすき間にマジックのインクが入り込んでしまうから」なんです。

にじんだ文字を見てみてください。

丸く放射状に、にじみが広がっているのではなくて、縦と横にインクが広がっていませんか?

これ、縦糸と横糸に出来たすき間なのです

同じように文字を書いても、縦糸と横糸のつまった生地だとにじむ感じがちがうのです。

書く素材にもよりますが、洋服のタグはほとんどのものが荒く織ってありますので、にじみ度合いがすごいんですよ。


スポンサードリンク

子供服への名前書きにおすすめな便利アイテム

ご紹介した方法で、書いた名前がにじまなくても、名前書きはやっぱり大変な作業ですよね。

そんなときには、「お名前スタンプ」を使うのもおすすめですよ。

とっても便利なお名前スタンプ

特に、水でぬらせないものには水スプレーのワザは使えませんね。

そこで、スタンプが活躍です。

いまは、お名前スタンプも百円ショップで買えるので、お気軽に試してみませんか?

ひらがなの書いてあるゴム印とスタンプインクと別々に売っていますので、合わせて買ってくださいね

わが家でも大活躍のお名前スタンプ

わが家では、保育所のときはおむつの名前書きに活躍してくれて、入学の時にはたいそう服や、制服などに使いました。

一度作っておけば、小学校まで使える便利アイテムです。

百円ショップの品がここまで活躍するとは思ってもいなかったことなので、すごく得した気分ですよ

子供服のタグの名前がにじまない方法!のまとめ

保育園へ着ていく服などへの名前書きは大変な作業ですが、今だけのことです。

この記事でご紹介したことを参考にしていただいて、子供服の名前書きが少しでも楽しく出来たなら、うれしくおもいます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント