子供のわがままにイライラも限界!ストレスにならない対処法

みなさんは、お子さんと一緒に買い物に行って困ったことはありませんか?

「おもちゃがほしい~」
「おかしかって~」

とねだられて無茶をいって「今日は買いませんよ!」というと、お店の中でゆかに転がって火がついたように泣き出す…

周りの人からは白い目で見られるし、だからといって子どものほしいものを買ってあげるのは、甘やかしているようにも思えるし。

わがまま勝手な子供に、もう日々がイライラも限界です。

わたしのところも大変で、子どもと一緒に買い物に行くのがおっくうで、とてもストレスでした。

そんな悩みを抱えていたときに、わたしがやってみて成功した、今でも続けている「子供のわがまま対処法」をご紹介していきますね。

スポンサードリンク
  

子供に話す今日のやくそくごとを決める

まず、お出かけ前に今日の目的を自分の中で決めます。

  • おかしを一個だけ買うのか
  • おもちゃを一個だけ買うのか
  • それとも今日は何も買わないのか

ママさんが、その日の目的をしっかりと最初に決めることで、ママさんにも今日の覚悟が、まずできます。

お出かけ前に子供としっかりと約束をする

ママさんが今日のめあてを決めたらお子さんに話すのですが、話すタイミングが大切なポイントになります

必ずお店に入る前にしてください

ただ、お店に入る前と言っても

  • お買い物に行くよと声を掛けて、玄関を出るときとか
  • 車でお店の駐車場についたときとか
  • お店の扉を開ける前など

などなど、ママさんの生活スタイルによって、話をするタイミングはそれぞれだとおもいます。

ですから、そのタイミングをママさんが選んでお話をします。

お子さんの顔を正面から見えるようにして

「今日は、おかし(おもちゃ)を一個だけ買ってあげるからね」
「今日は、何も買わないからね」

というようにママさんの決めたことをお話します

どうしてお店の中に入る前に話した方がいいの?

どうしてお店に入る前にお話をするのかというと。

お店に入ってしまったら、お子さんの目の前にはいろんなものが並べてあります。

いろいろなものを目の前にして、お子さんの頭の中はキラキラです。

ママさんの声がけが耳に入らないのです。

ましてや、お子さんがほしいものを見つけてしまった後では、目の前にある、ほしいもののことだけしか考えられません。

そのような場面で「買わないよ」と話されても、お子さんの気持ちは

  • ほしいものが目の前にあるのにどうして自分のものにならないのかがわからずに
  • パニックになってお店の中でひっくり返る

っていうことになってしまうんですね。

ですので、いろんなものがお子さんの目に入る前に、お子さんも覚悟を決める必要があるのです。


スポンサードリンク

子供に話すときには必ず納得させる

ママさんが話しただけでは、お子さんが理解しているのかどうかがわかりません。

ですので、必ず

「わかった?」
「うん」

このやりとりをしてください。

これで、お子さんの中にも今日の目的や覚悟ができます。

  • 「今日はお菓子(おもちゃ)を一個買ってもらえる」
  • 「今日は何も買ってもらえないからがまんする」

こうすることで、お子さんの気持ちの中で整理ができて、ママさんの買い物中のストレスが少しは減るのではないでしょうか。

我が家でも、試行錯誤した結果行きついた、この方法を実践することで、子供がお店の中でわがままを言ってイライラ…といったことが格段に少なくなりましたよ。

さいごに

お店を出たら、「約束守れたね~^^」と言った感じでほめてあげてください。

子供も「ほめてもらえるから、次のときもがんばろう!」っていう気持ちにつながりますよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。