マンションに子供部屋は無理?2人分の部屋を確保する方法!

この記事は約5分で読めます。

子供がある程度大きくなると、そろそろ考え始めるのが子供部屋ですよね。

でも、住宅事情は色々ありますので、子供部屋を作りたくても中々作れないというお家も多いのではないでしょうか??

我が家も転勤族のマンション住まいですので、中々子供部屋は作れません。

やっぱりマンション住まいで子供部屋はやっぱり難しいのでしょうか?

そこで今回は、マンション住まいでの子供部屋を確保するコツについて、詳しく見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

子供部屋は作らない!狭いマンションで部屋をうまく活用する方法とは?

お家の部屋数には限りがありますよね。

我が家は子供が三人いますので、一人一人に部屋をあたえようとすると、それだけで三部屋必要になってしまいます(><)

子供部屋のないメリットとデメリット

では、子供部屋がないとどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

子供部屋のないメリット
  • リビング学習ができる
  • 家族のコミュニケーションが密にとれる
  • 親の姿を常に見ながら成長する
子供部屋のないデメリット
  • 自己管理ができにくい
  • 勉強に集中しにくい
  • ストレスがたまる
  • お友達を呼びにくい

子供部屋がないと、子供の成長する姿をしっかりと見守りながら、家族内でのコミュニケーションが積極的にとれるというメリットがあります。

でもその一方では、自立という点ではデメリットもあるようですね(^^;

狭いマンションを活用するには?

では、なんとか子供に個室をあたえる為には、どう部屋を活用すればよいのでしょうか?

家具のレイアウトやアイデアで、狭い部屋を上手に使うことが大切です。

狭い部屋を上手に使うポイント
  • ロフトベッドを使う
  • カーテンや本棚で部屋に仕切りをつくる
  • ベッドの端に机を置いて、個人の空間をつくる

また、複数子供がいる場合は、一部屋をシェアすることも大切です。

部屋数は限られていますので、一人一人個別の部屋ではなく、一つの部屋に個人のスペースを作ることを考えましょう。

我が家もとても個人の部屋は設けられそうにありません。

なので、姉妹3人で1部屋をシェアしてもらう予定です!


スポンサードリンク

子供部屋をオープンに!仕切らない部屋の使い方をご紹介!

子供部屋を完全には仕切らずに、一部のみを本棚やパーテーションで仕切る方法もオススメです。

特に、同性の兄弟姉妹の場合は、このタイプにしているご家庭が多いですね。

★ベッドを両サイドに置いて、視線のところに本棚を置く
ベッドを部屋の両サイドに置いて、視線のところに本棚を置きます。

そうすることで寝ている時に視線があわないので、プライバシーが守られますね。

★ベッドを向き合うように置いて、間に本棚などで目隠しをつくる
ベッドを向き合うように置いて、その間に本棚などで目隠しをつくります。

本棚などの仕切りの高さによって、個人の空間のスペースが変わりますね。

★すだれで勉強机の部分を仕切る
カーテンよりもすだれの場合は、隙間があるので完全には仕切られません。

そうすることで、適度なプライバシースペースにもなりますし、子供が勉強している姿を見ることができますね。

★ロールカーテンでベッド部分に仕切りをつくる
普段はオープンの状態にして、寝る時だけロールカーテンを下げるタイプです。

寝る時には個人のスペースが守られますので、ストレスなく寝る事ができそうですね。

狭いマンションで子供部屋を2人分確保するには?のまとめ

狭いマンションで子供部屋を2人分確保するということについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

子供たちの気持ちとしては「自分の部屋が欲しい!」と思うはずです。

つくってあげたいのは山々ですが、してあげられないもどかしさ…。

なんとか、個人のスペースを確保してあげたいものです。

特に、中学生以上の思春期になってくると、余計に個人空間は大切になりますよね(><)

私も自分が三人兄弟の一番上だったので、勉強やお友達との時間を下の兄弟たちに邪魔されるのがとってもストレスだった覚えがあります(´;ω;`)

家具や間仕切りなどを上手に利用して、子供たちの空間を確保してあげてくださいね(*^^*)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント