離乳食で使う豆腐を加熱する理由は何?いつまで必要なの?

スポンサードリンク

赤ちゃんが生後5~6ヶ月になると離乳食が始まります。
離乳食初期のごっくん期では使える食材も限られますが、豆腐は初期から使える食材の一つです。
豆腐は良質な植物性たんぱく質を含んでおり、赤ちゃんにも食べやすい食材なので、ぜひ食べさせてあげたい一品ですよね。

ママにとっても、豆腐は野菜のように刻んですりつぶす必要がないので、手間がかからず作れる食材だと思います。
うちの子どもたちも、離乳食の豆腐はよく食べたので、手軽に摂取できる貴重なたんぱく質となっていました。

ただ、作るのに手間がかからないとは言っても、離乳食で使う豆腐は生のままでは食べさせられません。
必ず加熱する必要があります。
では、なぜ豆腐を加熱しなければならないのでしょうか?


理由その1:アレルゲンなどの軽減
豆腐は大豆から作られているのですが、大豆はアレルギー食品の一つです。
赤ちゃんに大豆アレルギーがある場合、生で食べた方がアレルギーの症状が強く出てしまうそうです。

大豆アレルギーの方が家族にいる場合や、他の食物アレルギーがある場合は特に注意が必要で、離乳食初期には豆腐を食べさせないほうがよいでしょう。
加熱してもアレルギー反応が出る可能性もありますが、しっかり火を通すことでアレルゲンを軽減することができると考えられています。

理由その2:殺菌
パックから出したばかりで、一見何も問題がなさそうに見える豆腐も、実は雑菌が付着していることがあります。
特に豆腐は傷みやすいので、使いかけで冷蔵庫に入れてあるような豆腐を離乳食に使うときは要注意です。
豆腐だけでなく、包丁やまな板などの調理器具が汚れていることも多いです。

大人なら多少の雑菌を口にしても平気ですが、赤ちゃんは抵抗力が弱いため、食中毒などを起こしてしまう可能性があります。
豆腐を加熱することで、豆腐に付着した雑菌を殺菌できます。

以上の理由で、豆腐は加熱が必要だということがわかりました。
パパやママは冷奴で食べられる豆腐ですが、赤ちゃんにはしっかり火を通して、安心して食べられるようにしてください!

スポンサードリンク

離乳食で豆腐の加熱はいつまで?生であげはじめるときの注意点は?

豆腐を加熱する理由はわかりましたが、いつまで加熱する必要があるのか?
加熱するのはひと手間とはいえ、できれば生であげられれば簡単で助かりますよね。

離乳食の食材を加熱する必要がなくなるのは、離乳食完了期と言われています。
離乳食完了期は、1歳から1歳半頃になります。
1日3回食事を食べ、歯茎でつぶせる程度の硬さのものを食べられるようになってきたら、離乳食の完了期と考えてよいので、その頃を目安として生の豆腐を与えるようにするとよいでしょう。
その頃には大人とほぼ同じものが食べられるようになるので、大人の冷奴の取り分けもできるようになります。

赤ちゃんに初めて生の豆腐をあげるときの注意点

生の豆腐をあげるときの注意点は、アレルギー症状が出ないかどうか気を付けることです。
上述したように、大豆はアレルギー食品の一つで、生で食べると強くアレルギー症状が出る可能性があります。
生の豆腐を食べた後、下痢や嘔吐、湿疹などの症状が見られたら、食べるのを中止して受診した方がよいでしょう。
日中の病院が開いている時間に、少量ずつ食べさせてみるのがおすすめです。

また、離乳食完了期で大人の食事の取り分けができますが、味付けは薄味を心がけてください。
冷奴でしょうゆなど調味料がしっかりかかっているものは、塩分が強すぎて赤ちゃんには不向きです。
大人用の冷奴を取り分けて赤ちゃんに食べさせる場合には、調味料をかける前に取り分けるとよいですね。


スポンサードリンク

離乳食の豆腐の加熱はレンジを使っても大丈夫?どのくらいすればいいの?

離乳食の豆腐は加熱が必要ですが、毎回湯通しするのは、はっきり言って面倒くさいです。

特に離乳食初期は、1度の食事に使う豆腐の量は小さじ1程度です。
そのために鍋を出してお湯を沸かして湯通しするなんて、できればやりたくないですよね?
ただでさえ手間がかかる離乳食作り、何とか手抜きしたいところです。
では、豆腐の加熱に電子レンジを使ってもよいのでしょうか?

答えは、オッケーです!

作り方は、使いたい分量の豆腐を耐熱容器に入れ、豆腐にかぶるくらいの水を入れます。
加熱時間は、600wで30秒です。
加熱してみて豆腐の中の方まで温まっていなければ、10秒ずつ再加熱して様子を見ましょう。
加熱したら、あとは湯通しした場合と同じです。
離乳食初期の場合は、裏ごししてペースト状に。
離乳食中期以降なら、食べやすい大きさにカットして使うことができます。

電子レンジを使えば、とても簡単ですね!
洗い物も少なくて助かります。
豆腐の加熱には、ぜひ電子レンジを使ってみてください!

離乳食で使う豆腐を加熱する理由!のまとめ

赤ちゃんにも食べやすい離乳食の豆腐。
手間のかかる離乳食ですが、しっかり加熱して、安全に赤ちゃんに食べさせてあげてくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント