洗濯ネットに入れて汚れは落ちてる?粗目と細目の使い分けのポイント

私は洗濯ネットを愛用しています。

洗濯表示に「洗濯ネットを使用し…」という記載がありますので、やわらかな服や下着類を洗濯ネットで洗濯している人は多いと思います。

ここでふと「疑問」が。

洗濯ネットに入れているものと入れていないもの汚れ落ち具合は同じなのでしょうか。

私は、割となんでもネットに入れたくなってしまう人なのですが、汚れはちゃんと落ちているのかがちょっと気になります。

調べてみると、やはり、洗濯ネットに入れずに洗った方が汚れは落ちるそうです。

しかし、洗濯ネットは衣類を守るために使う必要があります。

洗濯ネットの役割

そもそも、洗濯ネットを使うとどのような効果があるのでしょうか。

①飾りがあってひっかかりそうなものや、繊細な衣類をまもるため
私が洗濯ネットを使う一番の目的は、これです。

マジックテープのついた衣類をネットに入れずに洗ったとき、マジックテープがいろいろな服にひっかかって大変なことになった経験があります。

このような他の衣類に被害がでそうなものも、洗濯ネットに入れておけば安心ですね。

ビーズのついているようなものは、裏返して洗濯ネットに入れるとより安心です。

②型くずれを防ぐため
洗濯ネットに入れておけば、洗濯中にあっちこっちに衣類が引っ張られることがありません。

ニットでできているものなどは特に、洗濯後にのびきってしまう恐れがあるので、必ず洗濯ネットに入れましょう。

③糸くずを防止するため
衣類によっては、糸くずが出やすい素材のものがありますよね。

そういうものを洗濯ネットに入れておけば、他の衣類に被害がでることはありません。

逆に、他の衣類からうつってくることも防げます。

私は間違えてティッシュペーパーや紙おむつを洗ってしまったことがあるのですが、洗濯ネットに入れていたものは無事でした。

④衣類同士の摩擦を防ぐため
洗濯をすると、どうしても衣類同士が触れ合って摩擦がおこります。

そうるすと衣類は傷んでしまうので、洗濯ネットに入れることでワンクッションはさむことができます。

スポンサードリンク

洗濯ネットのおすすめは?粗目と細目どっちがいいの?

洗濯ネットは、粗目のものと細目のものがありますよね。

この二種類、使い分けをされていますか?

細かい目のものは、粗い目のものよりも色移りや摩擦を防ぎやすいです。

レースや細かいビーズなどがついている衣類に適しています。

粗い目のものは、細かい目のものよりも汚れが落ちやすいです。

汚れをしっかり落としたい衣類に適しています。

私の場合は、基本的に細目のネットを使っています。

たまに、ネットに入れたいけどちゃんと洗ってほしいものがあるので(チャックのついているズボンなど)、そういうときは粗目のものを使っています。

目の粗さの違いもありますが、洗濯ネットにはたくさんの種類があります。

100均でも洗濯ネットコーナーはたくさんの商品が並んでいますよね。

大は小を兼ねると言いますが、入れる物より大きすぎる洗濯ネットを使うと、洗濯ネットの中で衣類が動いてしまうので、意味がなくなってしまいます。

四角くてひらべったいものが主流ですが、丸い形のものや、マチがついているものもあります。

四角いものは、型くずれを防ぐのに最適です。

丸い形のものは、洗濯ネットの中で衣類が動くので、平べったいものよりも汚れが落ちやすいそうです。

ブラジャーなどの下着専用の洗濯ネットもあります。

専用のものに入れると、より型くずれを防ぐことができます。

このように、洗濯したいものの大きさや、汚れの具合にあった洗濯ネットを購入しましょう。

いろいろなものを持っておくと、使い分けしやすくなって、とっても便利ですよ。


スポンサードリンク

洗濯ネットは1度に何枚も入れて大丈夫?ネットだらけでもキレイになるの?

なんでもかんでもネットに入れたくなってしまう私。笑

気づけば、洗濯機の中は洗濯ネットばかりになっていることもあります。

洗濯ネットを購入するときに、入れるものの目安が記載されているので、入れるものはそれを参考にするのがベストですが、ついついたくさん入れてしまうこの性格…。

しかし、汚れをよりきれいにしようとするなら、「洗濯ネット一つにつき1枚の衣類」にするのが原則だとか(!)

ずぼらな私は、衣類をそのまま洗濯ネットにぽいっと入れてしまうのですが、型くずれを防ぐには、洗濯ネットの大きさに合わせて畳んで入れなければなりません。

めんどくさいですが、こうすることによって汚れ落ちが違ってくるそうです。

ワイシャツを洗うときは、1枚のみをたたんで入れるように心がけようと思います。

洗濯ネットに入れて汚れは落ちてるの?

「洗濯ネットに入れて汚れは落ちてるのか?」ということについて見てきましたが、いかがだったでしょうか?

簡単にポイントをまとめておきますね!

★洗濯ネットに入れたときの汚れ落ちのポイント
  • 細かい目のものは、色移りや摩擦を防ぎます。
  • 粗い目のものは、汚れが落ちやすいです。
  • 下着などの専用商品もあります。用途に合わせて、いろいろな大きさや形のものを購入して使い分けると良いでしょう。
  • 汚れをより落とすには、洗濯ネット1枚につき衣類は1枚が原則です。洗濯ネットの大きさに合わせて畳んで入れると、型くずれしにくくなります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント