小1の自由研究は牛乳パックが大活躍!簡単工作はアイデア次第

この記事は約4分で読めます。

子どもの初めての夏休み。

「何をしたらいいのかな?」と悩むのが、そう「自由研究」です。

自由研究というと

「何かを観察したり」
「調べ物をしてまとめたり」

のイメージがありますが、一年生にはなかなか難しいことだと思います。

ですが、工作だったらどうでしょう。

工作はほとんどの子どもが、好きなことではないでしょうか?

そこで今回は、簡単にできてお手軽な工作を紹介したいとおもいます。わが子が一年生の、夏休みに作った小物入れです。簡単にできるので、初めての自由研究にはおすすめです。

「夏休みの自由研究は何にしようかなぁ」と迷っている方は、ぜひ参考にされてみてくださいね^^

スポンサードリンク
  

小1の自由研究に最適!牛乳パックを使った簡単小物入れ!

見たまんま、牛乳パックに布を貼るだけですが、見た目がガラッと変わるので、想像以上のなかなかのものができますよ!

牛乳パックの小物入れの作り方

まず工作に使う牛乳パックは、よく洗って乾かしておいて下さいね。

洗いが不十分だと、においが残りますからね。

牛乳パック小物の作り方①高さを決めて牛乳パックを切る
洗った牛乳パックが乾いたら、上の部分を切り落としますが、小物入れに入れたいものを考えて、高さを決められたらいいですよ。

ペン立てだったら約10センチ位で、5センチ位にすると女の子のヘアゴム入れにもなりますね。

高さが決まったら牛乳パックを切りましょう。

牛乳パック小物の作り方①貼る布を選びましょう!
牛乳パックに貼り付ける布は、手芸店でカットクロスを買ってもいいですし、子どもの小さくなった服を切ってもいいですね。

思い入れのある布を使うことで、子どものテンションも上がりますよ。

百円ショップでも、カットクロスを買うこともできますよ。

フェルトを貼ってもおしゃれですよね。

布を変えるだけでも、ガラッと表情がかわりますので、ここは気合を入れて選んでくださいね。

牛乳パック小物の作り方③いよいよ布をはりましょう
いよいよ選んだ布を牛乳パックに貼っていくのですが、切った牛乳パックの高さよりも3センチくらい長く布を切ってくださいね。

飛び出たところは折り返して、牛乳パックの切り口を包むように貼ることで、切り口で手を切ったりするケガを防ぐことができます。

見た目的にも、こうした方がキレイに仕上がりますよ^^

布を牛乳パックに貼り付けるときは、学校で使っているボンドでつけることができますよ。

牛乳パック小物の作り方④飾り付けでさらにおしゃれに♪
布を貼っただけでも完成なのですが、オリジナリティーを出すためにトッピングをしたいとおもいます。

可愛いデザインのボタンを、ボンドでつけるだけでステキになります。

女の子だったらリボンをつけてもかわいいですね。

うちの子は、拾ってきた貝殻をつけていましたよ


スポンサードリンク

ティッシュの空き箱でも同じように小物入れが作れちゃう

牛乳パックがないときでも、ティッシュの空き箱を使って、小物入れを作ることができちゃいますよ。

作り方は、牛乳パックのときと同じです。わが子は、ティッシュの空き箱に色紙を貼って、ブロック入れも作りました。

ブロック遊びが大好きなので、ブロックを色別に分けてしまえるように、内側にも色紙を貼っていました。

上の面を全部切取るので、ブロックの出し入れにちょうどいい大きさですよ。

小1の自由研究の工作アイデアのまとめ

一年生におすすめの「牛乳パック工作」についてお伝えしました。

手先がまだ不器用な一年生でも、簡単に楽しく作れることが今回のポイントです。

ご家庭にあるもので作れますので、子どもと一緒に作ってみられてはいかがですか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント