結婚式のご祝儀で1万5千円を包む場合のマナー!なにがどう違うの?

この記事は約4分で読めます。

友人の結婚式に招待されている場合、ご祝儀の金額は3万円が相場です。

でも、友人の経済状況により3万円はきついから2万円で、という場合もアリとはなっています。

結婚式や披露宴にかかる費用が、招待客1人に対して約2万円はかかっているので、最低でも2万円はつつんでほしいところです。

結婚式に出席するのに1万5千円という人は聞いたことがないですね。

出席するならがんばって2万円は包みましょう。

無理なら欠席にした方が無難です。

欠席する場合は料理などは食べないわけですから、新郎新婦の負担も少ないですよね。

なので、相場より少ないお祝いでも問題ないですよ。

ご祝儀が3万円がいいというのは、割り切れない数だからなので、2万円は割り切れるから縁起が悪いとも言われます。

だから1万円札を2枚じゃなくて、1万円札と5千円札を2枚ご祝儀袋にいれるのがマナーです。

この考え方だと1万五千円ってすごく悩みますよね・・・

スポンサードリンク

ご祝儀に1万5千円を包む時のご祝儀袋の書き方を紹介

ご祝儀袋に1万5千円を包む時のご祝儀袋の書き方ですが、裏に漢字で「壱萬五千円」と書けばいいですよ。。

表には自分の名前をフルネームで縦に書きましょう。

受付にご祝儀袋を渡したとしても、金額のチェックをすることはなく出席確認しかしません。

なので、金額が相場より低いなどの場合でも受付の人にはわかりません。

逆に葬儀の時などは、受付の時に中身のチェックと金額も記入するので、中身がうっかり入ってない場合などもそこでわかります。

経済状況が厳しい場合は欠席する勇気も大事

結婚式の場合、うっかり入れ忘れてもそのまま新郎新婦の手元に届くので、開封の時に「中身ない!」ってなったりします。

だけど、ご祝儀空だったよってのはとても言いにくいので、本人に知らされないまま時は流れることでしょう。

中身空だった話だけが知り合い経由で伝わっていき、一か月後くらいに本人に噂が届くなんてことはありえます。

だから空じゃなくても、中身が少ない話も同様に人づてに広まっていく可能性はあります。

なので、1万5千円しか包めない経済状況である場合は、欠席にする勇気も大事ですよ。

もし新郎新婦と親友レベルの関係だったら、金額なんて関係ない、結婚式に来てもらって祝ってくれるだけで満足と言われることもあります。

新郎新婦がわかっているうえで少ないのなら何も問題ないです。

他の人に文句を言うこともないでしょうから・・・


スポンサードリンク

ご祝儀の15000円の包み方は?お札の枚数は奇数がいい?

ご祝儀の15000円の包み方はどうしたらいいでしょうか。

割り切れる数では縁起が悪いから2万円はよくないといわれるわけですから。

15000円は割り切れないし、そのままでいいんじゃないの?ってなりますよね。

だけど、お札の数で考えると1万円札と5千円札で2枚になってしまうので、割り切れてしまいますね。

2万円の時は5千円札を2枚にすることで、トータル3枚にすることで縁起の悪さをカバーしていました。

じゃあ15000円は5千円札を3枚にすればアリなのでは?ってなるわけですが・・・

なんだかそれもどうなのかなぁって思います。

奇数にすればなんでもいいってわけじゃないですから・・・

ご祝儀袋を開封したら5千円札が3枚入ってるところを想像すると、おかしなお祝いですよね。

ここまでくると、1万円札1枚と5千円札だけと大差ないというか、こっちの方がましに思えてしまいます。

2万円のご祝儀も惜しいなら!欠席するのが無難

2万円だすのも惜しい関係であるなら、欠席の方がいいし、むしろ欠席で1万円をご祝儀袋に包む方が無難ですよ。

欠席の場合の結婚祝いの相場は1万円なので。

料理も食べないし、引き出物に余裕があれば渡してくれるかもしれませんし。

お祝いをもらうだけでお返しをしてこない人だっていますから。

たいして親しい関係じゃないのに、15000円を包んで結婚式に出席したら、確実に悪口やら陰口を言われますよ。

欠席で1万円を包むだけでもいいし、それでは悪いかな?と思えば5000円くらいのプレゼントを一緒に贈るのもいいと思います。

金額が多い分には文句をいう人はいませんが。

相場より少ないとか割り切れるだの縁起が悪いだの言ううるさい親戚が存在する場合もあります。

結婚式間近でのキャンセルは控えて

ただし、同じ欠席をするとしても、結婚式間近でのキャンセルや当日のキャンセルだと、席や料理も準備していますので、新郎新婦に迷惑がかかります。

その場合は、結婚式に出席するのと同等の額のご祝儀をあとで送りましょう。

結婚式のご祝儀で1万5千円を包むときのまとめ

結婚式のご祝儀で1万5千円を包む場合のマナーについて紹介しました。

はっきりいってマナーうんぬん言う人は1万5千円は包まないだろうなという印象です。

マナーを気にするのなら、せめて2万円にしましょう。

それがどうしても無理ならハガキは欠席で返信しましょう。

そして、結婚式前か結婚式後にお祝いとして1万円を包んで欠席にしたほうが、お互いいいと思いますよ。

結婚式を欠席した場合のお祝いの相場は1万円ですから常識的な額です。

欠席でのご祝儀でも1万5千円だと札の揃え方で悩んでしまうので、1万円とプレゼント5千円にすれば悩みが解決します。