バスタオルが新品なのに糸くずが出るのはなぜ?最初に洗濯するべき?

バスタオルを新調した際、「使う前に洗濯した方がいいんだろうか…」と毎回考えてしまいます。

頂き物の高価なタオルだと、新品でもふわふわで「下手に洗濯するより、このまま使った方がふわふわで気持ち良いかも?」なんて思いながらそのまま使ったこともあります。

でも安いタオルなど質があまり良くないバスタオルの場合、洗わずにそのまま使うと「お風呂上がりに糸くずだらけ」なんていう大惨事になることがあるため、注意が必要です!

スポンサードリンク

バスタオルは洗濯で水通し!回数はどれくらいで糸くずもなくなる?

まず最初に、新品のバスタオルは沢山の水で洗ってから使うことをお勧めします。

何故なら先程も書いたように、糸くずだらけで大惨事になることがあるからです!

それだけではなく店頭で販売していたタオルの場合、肌触りを確認する為にいろんな人が触っていたかもしれないのです。

そう考えると、そのまま使ったことがあるので後悔…汚いですよね。

あとは新品の状態だと、水分を全然吸い取ってくれないことが多いです。

お風呂上がりに使ったら全然水分を吸い取ってくれず、ただ水を撫でて広げてるだけ、なんてことがありました。

あなたは是非、新しいタオルは洗濯してから使って下さいね!

新品のタオルを洗う回数は?

普通のバスタオルなら、1回洗えばある程度の糸くずは取れるので良いのですが、タオルによっては数回洗わないと取れないこともあります。

1回洗っても、糸くずがゴミ取りネットに大量に入っていたり、干す際に広げたらパラパラと糸くずが沢山落ちてきたら、もう一度洗った方が良いです。

とはいえ「何回も洗うのは面倒だわ」と感じる方は、洗濯層の中に浮かべるタイプのゴミ取りネットなど浮かべるのがおすすめです。

1回でも沢山の糸くずを取ってくれるので、かなり効果がありますよ!

新品バスタオルは他の衣類と一緒に洗わないほうが良い

私の経験上ですが、一番最初の水通しはバスタオルだけで洗った方が良いです。

なぜなら、糸くずが他の衣類にも付いてしまうからです!

白い新品のバスタオルと、黒い洋服など一緒に洗ったら洋服が糸くずやら繊維だらけで大変な事になります。

こうなったらまた洗い直しても洋服から糸くずが取れない取れない…。

ネットに入れればある程度は大丈夫ですが、なるべく最初だけはバスタオルのみで洗うのがお勧めです。

柔軟剤を入れすぎないようにする

「新品のようなふわふわのバスタオルを使いたい!」と思い、大量に柔軟剤を入れると、糸くずが余計に多く出てしまいます。

繊維がふわふわでツルツルになり過ぎると、抜けなくていい糸が抜けてしまい糸くずが増えてしまうからです。

更に表面がツルツルし過ぎて水分も吸収しにくくなってしまうので、柔軟剤は適用を守って入れ過ぎないようにして下さいね。


スポンサードリンク

バスタオルを洗濯してふわふわにするコツとは?柔軟剤が決めて!

水通しをしてからバスタオルを使うとして、せっかくなら新品のようなふわふわの状態で使いたいですよね。

ここからは、洗濯してふわふわになるコツをいくつかご紹介します。

バスタオルが泳ぎ回るくらい沢山の水で洗う

水の量が少ないと、糸くずが取りきれずに何回も洗わなければいけなくなってしまいます。

ドラム式の洗濯機や節水モードがある洗濯機など、水の量が少量でも綺麗に洗濯が出来る物もあります。

しかし、新品のタオルはあえて大量の水でじゃぶじゃぶ洗ってあげて下さい。

柔軟剤を入れずきない

柔軟剤の量が最重要ポイントです。

入れれば入れる程良い匂いになるし、沢山入れたくなってしまうんですが、ダメだったんですね。

先程ご紹介したように、入れ過ぎても良いことはありませんので、適量を入れて洗濯してくださいね!

洗濯ネットに入れる

この方法は糸くずが大量に出るタオルだとあまりお勧めしないのですが、上質なふわふわバスタオルであれば、ネットに入れた方が良いです。

ネットに入れれば他の衣類と絡まってしまう心配もなく、ふわふわ感を保つ事が出来ます。

干す時と取り込む時はパンパンとしっかり降ってタオルのシワを伸ばす

干す時にシワを伸ばさずにそのまま干すと、くしゃくしゃの形状のまま乾き、ゴワゴワした触り心地のバスタオルになってしまいます。

干す時も取り込む時もしっかりパンパンと振ってシワを伸ばす事で繊維が広がり、残っていた糸くずなどが出てきてくれるので、触り心地も良くなります。

風通しの良い日陰に干す

「直射日光でお日様の力で一気に乾かしたい!」と思ってしまいますが、直射日光で乾かすと繊維がゴワゴワになってしまいます。

なので、風通しの良い日陰でゆっくりと乾かす方が良いですよ。

乾燥機で乾かす

乾燥機があるお宅なら、乾燥機で一気に乾かすとフワッフワになるのでお勧めです。

さらに乾燥機のフィルターがゴミなども吸ってくれるので、糸くずも減ってとても良いですね。

コロコロや掃除機で糸くずを吸う

「手っ取り早く糸くずを取りたい!」と思った時に、私が最も実践している方法です。

何回も洗濯を回すよりも、糸くずが付かなくなるまでひたすらコロコロするという方法です。

でもたまに「コロコロし過ぎて、糸がビヨーンと一部分伸びてしまった?!」なんて事もあるので、程々にして下さいね。

新品バスタオルも洗濯した方が良い?糸くずもきれいに取る方法!まとめ

私が試してきた方法について見てきましたが、いかがでしたか?

糸くずを綺麗にとりふわふわにするポイントをまとめておきますね!

  • バスタオルが泳ぎ回るくらい沢山の水で洗う
  • 柔軟剤を入れずきない
  • 洗濯ネットに入れる
  • 干す時と取り込む時はパンパンとしっかり降ってタオルのシワを伸ばす
  • 風通しの良い日陰に干す
  • 乾燥機で乾かす
  • コロコロや掃除機で糸くずを吸う

ふわふわのタオルでお風呂上がり気持ちよく使うためにも、是非試してみて下さい!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント