忌引きでも給料から天引きされる?有給じゃない忌引きの意味とは?

スポンサードリンク

親族が亡くなった時、葬儀に参列するため会社を休みますよね。
その時忌引き休暇の制度がある時は、忌引き休暇を取ると思います。
しかし忌引き休暇は有給休暇にあたらないと言われ、戸惑った経験はありませんか?
私も以前は「忌引き休暇は有給扱い」だと思っていたので、この事実を知ったとき、正直なところとても驚きました。

では、忌引き休暇は何のために存在しているのでしょうか?
今回は忌引き休暇の謎に迫りたいと思います!

スポンサードリンク

忌引きが有給じゃないのには理由があるの?

まずは、忌引き休暇とは何かという事について見ていきましょう。
忌引き休暇とは、「本人は出社できる状態であるが、身内の葬儀(葬儀の準備も含む)の為に休暇を取る事」とされています。
昔は身内が亡くなると、一定日数自宅へこもって哀悼の意を示し喪に服す習慣があった為、忌引き休暇が生まれました。

忌引き休暇は有給じゃない? 会社によって違う?

では、忌引き休暇は有給に当たらない理由とは何なのでしょうか?

忌引き休暇は、労働基準法で定められた休暇ではないからです。あくまで会社側の好意による休暇と言えます。
ですので、忌引き休暇がないからと言って法律違反になりませんし、何日取得できるかはそれぞれ会社によって違います。

会社によっては「身内が亡くなった」と嘘をついて有給休暇を取得するのを防ぐ為に、葬儀関係の書類の提出を義務付けている場合もあります。
更にパートやアルバイトだと、忌引き休暇の制度があっても使う事ができない、という事もあると聞きます。
気になる方は今一度就業規則を見直し、忌引き休暇の項目を確かめましょう。
後から、「知らなかった!」とならないようにしましょうね。

忌引きの日数がどれくらいとれるものなのかについては、「忌引きでも給料から天引きされる?有給じゃない忌引きの意味とは?」に詳しくまとめていますので、参考にされてみてくださいね。

忌引き休暇を取る事になった! 覚えておきたいマナーとは

万が一忌引き休暇を取る事になったら、まずはすぐに電話で連絡しましょう。
最近はメールやLINE等でやり取りする場面も増えましたが、電話ですぐ伝えるのが正解です。
誰が亡くなったか、葬儀の日取りや会場等を伝え、後からメールやLINEに情報をまとめて送りましょう。

更に、休み中に業務を引き受けてくれる方にもきちんと連絡をします。
忌引き休暇をもらう事を伝え、更に引き継ぎ事項を伝えておくようにします。

忌引き明けには、上司や同僚達に長い間休みをもらった事への感謝を伝え、菓子折りを渡すのがマナーです。
忌引き明けにしっかり挨拶を行わないと、今後の人間関係に大きく響いてくる可能性があるので、注意するようにしてください。


スポンサードリンク

会社にとって忌引き休暇がある意味って何なの?

では、会社側が忌引き休暇を設ける意味とはどのような物があるのでしょうか?

福利厚生の一環として

会社の福利厚生として、忌引き休暇を設けている場合があります。
身内の葬儀なのに仕事が休めない、なんて会社には働きたくないと思いますよね。
そう言った事態を防ぐ為に、あらかじめ忌引き休暇を設けている会社は多いです。

遠慮せずに休んでもらう為

世の中には仕事が忙しく、身内の不幸があっても休みたいと言えない状況で働く人もいます。
しかし忌引き休暇の制度があるならば、遠慮せずに仕事を休んで葬儀に参列する事が出来ます。

以上2点の理由がありますが、やはり働いている方への配慮という意味で設けられている事が多いようです。

忌引きをとっても給料から引かれるの?のまとめ

忌引き休暇は労働基準法で定められた休暇ではなく、あくまでも会社の行為や福利厚生によるものです。
ですので、会社によっては

  • 特別休暇
  • 有給扱い
  • 欠勤扱い
と扱いが違うので、今一度就業規則を見直してみるのもいいでしょう。

また、忌引き休暇を取得する際は、すぐに上司に電話での報告をしましょう。
それと同時に休暇中の業務の引き継ぎを行い、業務に滞りが出ないように配慮する事を心掛けましょう。

忌引き明けはしっかりと挨拶を行い、休暇を頂けた事への感謝の気持ちを伝えましょう。
更に菓子折りを用意するなどして、感謝の気持ちを形で表すのも重要ですよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント