お米の虫を取り除く私の母直伝!効果抜群のお米の虫撃退法

スポンサードリンク

暖かくなってくると、お米の中にウジョウジョとわいてくる「お米の虫」の被害にあわれている方はいませんか?

このお米の虫、気持ち悪くて「どうしたらいいのだろう?」と困ってしまいますよね。

わたしが小さい頃、田舎で暮らしていたときに、母が「虫がわいとるわ~」といいながら、お米とぎをしていたのを思い出します。

そんなときに母がしていた「お米についた虫を取り払う方法」についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
  

お米にわいた虫 時間のない時にはたっぷりの水の中で追い払おう!

時間のないときに、お米の虫に気がついたときは、虫を水に流してしまいましょう。

炊飯する量のお米をお米とぎのボウルに入れたら、お水をたっぷり入れてください。

するとお米の虫が、水面に浮いてきませんか?

虫が浮いてきたら、お米を流さないように気をつけながら虫を流します。「お水を入れて、浮いてきた虫を流す」という作業を数回くりかえします。

繰り返しているうちに、虫がいなくなれば終了です。

あとは普通にお米をといで炊飯してください。

お米に虫がいたので気持ちよくはないですが、食べることはできますよ。

米の虫の撃退法 日光に当てると逃げていくよ!

時間のあるときには、日光に当ててお米の虫を追い払う方法を紹介しますね。

「日光に当てる方法」で米の虫を取り除く日は、風の吹かない日を選んでくださいね。

風が吹くと、大切なお米が飛ばされてしまいますので…

スポンサードリンク

お日様の光で米の虫を取り除く方法

まず、お庭やベランダなどの日の当たる広い場所に、レジャーシートを広げます。

レジャーシートの上に「虫のいるお米」を広げていきます。

なるべく薄く重なりが少ないように広げると、早く逃げてくれますよ。

お米をレジャーシートの上に万遍なく広げたら、そのまま日光に当てて2~3時間待ちます。

2~3時間してレジャーシートの上のお米を見てみると、お米の虫はいなくなっています。でも、まれに虫が残っていることがあるので、手でならしてみて虫がいなくなったか確認してくださいね。

虫がいなくなったお米を戻すときの注意点

虫がいなくなれば、お米を戻すのですが、ここがポイントです。

米びつの中に米ぬかなどが残っていると、又虫がわいてくる可能性があるんです!

米びつをしっかり拭いて乾燥させて、清潔にしてからお米を戻してくださいね。

お米の虫除けにはとうがらしが効果抜群!

せっかくお米の虫を退治したのに、また虫がわいてきたら困りますよね。

そこで、お米の虫の予防に「とうがらし」をおすすめします。

とうがらしを使った米の虫予防のしかた

とうがらしを用意したら、お茶パックなどにそのとうがらしを2~3本入れて、お茶パックの口を閉じます。

あとは、その「とうがらし入りのお茶パック」を米びつに入れるだけです。

とうがらしだけを直接米びつに入れてもいいのですが、軽量カップの中に紛れ込んだりというアクシデントもありえます。

また「お茶パックにお米がくっついて困るわ~」と思われる方には、とうがらし入りのお茶パックを米びつに貼り付るのもおすすめ。

マスキングテープなどで、米びつのふたなどに直接止めてしまえば、そんなわずらわしさもなくていいですね。

さいごに

私の母が実際にやっていた「お米についた虫を取り除く方法」をお伝えしました。

暑くなってくるとお米に虫がわいてくるので、しっかりと対策をしてくださいね!

あのいや~な虫に二度と会わなくてすむように、ぜひ記事の内容を参考にされてみてください^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント