米のとぎ汁の使い道は洗顔だけじゃない!驚きの活用法教えます

この記事は約3分で読めます。

お米のとぎ汁、皆さんはどうしていますか?そのまま捨ててしまうっていう方が、ほとんどではないでしょうか。

なかには「洗顔で使える」くらいの使い道は、聞いたことがある方もいるかもしれませんね。

でも米のとぎ汁って、実は本当に「いろんな活用法」があるのをご存知ですか?その秘密は「脅威のワックス効果」にあるんです。

今日はそのいろんな「米のとぎ汁活用法」をご紹介したいと思います。

これを知ると、今日からは「米のとぎ汁」を捨てるのがもったいなくなりますよ^^

スポンサードリンク

米のとぎ汁で食器汚れやシンクの掃除に

米のとぎ汁を捨てずにとっておき、使用後の食器などを水で浸す際に使ってみましょう。

プラスチックの油汚れは取れないものの、陶器の食器類やガラスなどは米のとぎ汁で油が落ちるんですね。その後食器用洗剤で洗わなければいけませんが、洗う時間も短縮され、時短と節約に繋がります。

シンクのちょっとした水垢や軽い汚れであれば、米のとぎ汁とシンク用スポンジでこすると綺麗になりますよ。我が家でも米のとぎ汁は、キッチンで毎日大活躍です。

米のとぎ汁で床掃除やお部屋の気になる所を

100円均一で売っている霧吹きに米のとぎ汁を入れて、床掃除の際に使用してみましょう!

油分があるため、ワックス効果があるとされていますが、木材によってはツヤ出し効果が得られない事もあります。

それでも、幼いお子さんがいる家庭では体に害がないため、床やお部屋の気になる汚れはとぎ汁で掃除する事はオススメです!


スポンサードリンク

やっぱり米のとぎ汁は洗顔でツルツルお肌に

友人や知り合いからオススメされて、実際に私も「米のとぎ汁洗顔」を試して見ました。

彼女たちは実年齢よりも若く見えますし、本当にお肌が綺麗なんです!

これは「米のとぎ汁効果」もあるのかも!と期待しつつ、試した洗顔方法は以下の通りです。

米のとぎ汁を使った洗顔
1.クレンジング、洗顔をおこなった後に米のとぎ汁を使います。

2.お湯で1.5倍に薄めた米のとぎ汁で優しく、軽く顔を洗います。

3.これだけで潤いのあるしっとり肌に!

※アレルギーや敏感肌の人には合わない場合もありますので、ご注意下さい。

米のとぎ汁には
  • ミネラル
  • 各種ビタミン
  • セラミド

などなど、肌に良い成分がとってもたくさん含まれています。

それらの成分によって肌のくすみを改善し、美白と潤いを与えてくれる効果が期待できるようですね。

お米のとぎ汁をそのまま使うとちょっと濃いので、必ず薄めてから使用して下さい。

その他にも

  • 顔パック
  • 入浴剤
  • ヘアケア

としても、使用している方もいらっしゃるようです。是非、私も洗顔以外の方法も試してみたいと思ってます。

米のとぎ汁の使い道のまとめ

このように、お米のとぎ汁は様々な活用方法があるんですね。ただし、この「米のとぎ汁」は長く保存出来ませんので、すぐに使い切るようにしましょう。

捨ててしまうのは勿体ないので、瓶に移し替えたり、保存するのが面倒な方は是非、キッチンでの使用をオススメします!

何でもある時代だからこそ、体に害のない自然な物を活用し、「物を大切にすること=節約」にも繋がることを再認識できますよ。

これからも、こういった「昔ながらの知恵」を、進んで生活に取り入れていきたいものです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント