オクラを栽培する時期はいつがいい?初心者向けオクラの育て方!

オクラは、夏野菜の代表格として人気があります。

栄養価が高く、食べやすいので、家庭菜園でも育てやすい野菜です。

オクラは熱帯原産の植物なので、寒さに弱いという特徴があります。

なので、オクラを種から育てるには、気温が安定して15℃以上になった5月中旬以降がちょうどいい時期です。

ただし、地域や気候によっても適期は違ってくるので、天気予報や地域の情報を参考にしましょう。

また、気温が低い時期に種まきを行う場合には、寒さよけをしておくと安心です。

オクラの種まきは、プランターや鉢でも育てることができます。

土は、野菜用の培養土を使うとよいでしょう。

種をまくときは、深さ1cm程度の穴を掘って、1穴に2~3粒ずつまきます。

苗の植え付けは、ポット苗や育苗ポットで育てた苗を使います。

植え付けの際は、苗の根を傷つけないように注意しましょう。

オクラの栽培は、水やりや追肥が大切です。

水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。

追肥は、本葉が3~4枚出たら、10日に1回程度、化成肥料を施します。

オクラは、種まきから収穫まで約100日かかります。

収穫は、実が10cmほどになったら、朝のうちに収穫しましょう。

スポンサードリンク

オクラ栽培の種まき時期ベストは何月?失敗しない育て方のコツ

オクラは、日本で古くから親しまれている野菜です。

独特のねっとりとした食感と、栄養価の高さで人気があります。

オクラは種から育てることができますが、種まき時期を間違えると、

  • 発芽率が悪くなったり
  • 生育が遅れたり
してしまうことがあります。

そこで、今回はオクラの種まき時期と、失敗しない育て方のコツについて、初心者向けに解説します。

オクラ栽培のポイント①オクラの種まき時期

オクラの種まき時期は、地域によって異なりますが、一般的には5月上旬~6月中旬頃が適期です。

地温が15℃以上になると発芽しやすくなるので、地域の気候に合わせて、適切な時期を決めましょう。

ただし寒冷地では、4月上旬頃にトンネル栽培で種まきを行うこともできます。

トンネル栽培は、地温を高めて発芽を促す方法です。

トンネル栽培とは?

「トンネル栽培」という栽培方法は、防寒用シートをトンネル状にかけて冷気から防ぐ栽培方法です。

さらには、シート越しに日光が当たると、トンネル内の温度が上がります。

そうすることで、発芽や生育に必要な温度を保つことができるので、寒い季節でもおいしい野菜を作ることができるんです。

それ以外にも、トンネルをすれば野菜に霜や雪が当たらないから、野菜が長持ちして長期間収穫できるといったメリットもありますよ。

オクラ栽培のポイント②オクラの種まき方法

オクラは、

  • 直まき(土に直接種をまく方法)
  • ポットまき(ポットに種をまいて育苗してから、土に植える方法)
の2つの方法があります。

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

オクラの直まき

オクラの直まきは、簡単な方法ですが、雑草や病害虫の被害を受けやすいというデメリットがあります。

直まきをする場合は、地温が15℃以上になったら、土の表面を平らにならしてから、1cm間隔で種をまきます。

種をまくときは、指で軽く押さえておくのがポイントですよ。

オクラのポットまき

オクラをポットまきすることには、雑草や病害虫の被害を受けにくいというメリットがあります。

また、苗の根を傷めずに土へ植えることができるので、生育が早くなるという利点もあります。

ポットまきをする場合は、9cmくらいのポリポットに、市販の培養土を入れます。

土の表面に、3~4粒の種をまき、1cmほど土をかけます。

ポットまきした苗は、本葉が2~3枚になったら定植します。

定植の時期は、地域の気候に合わせて、地温が15℃以上になった頃が目安です。

オクラ栽培のポイント③オクラの育て方のコツ

オクラは、日当たりと風通しの良い場所で育てましょう。

またオクラは、水はけが良くて肥沃(ひよく)な土壌を好みます。

ちなみに「肥沃な土壌」というのは、とても良く肥えた土のことです。

オクラの水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。

肥料は、生育初期に、化成肥料の元肥を施しておきます。

その後は、追肥として2週間に1回程度、化成肥料を施しましょう。

オクラは、収穫期になると、毎日収穫できます。

収穫は若いうちがおいしく、食べごろは長さ10~15cmくらいです。


オクラの収穫時期はいつ頃?収穫の目安やオクラの取り方も紹介

スポンサードリンク

オクラは、独特のねっとりとした食感が人気で

  • 天ぷら
  • 煮物
  • 炒め物
など、さまざまな料理に使われますよね。

家庭菜園でも育てやすい野菜ですが、収穫時期がいつ頃なのか気になる人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、オクラの収穫時期について、初心者にもわかりやすく解説します。

オクラの収穫適期は7月~10月

オクラの収穫適期は、一般的に7月~10月です。

ただし、地域や品種によって若干の違いがあります。

そして寒冷地では、7月~8月が収穫のピークになります。

暖かい地域では、9月~10月まで収穫できる場合もあります。

オクラの収穫の目安は?

オクラの収穫の目安は、開花後4~5日です。

この頃になると、オクラの莢は5~8cmほどの大きさになって、皮が薄くて柔らかくなります。

収穫が遅れてしまうと、莢(さや)が硬くなってしまって食感が悪くなるので注意しましょう。

オクラの収穫のしかた

オクラの収穫は、ハサミを使って茎を切るだけです。

ハサミで切ることで、オクラの莢(さや)が傷つきにくくなります。

オクラを収穫すると、また新しい花が咲いて実をつけます。

なので、こまめに収穫することで長く収穫を楽しむことができますよ。

オクラの収穫時期は、一般的に7月~10月です。

収穫の目安は、開花後4~5日です。

取り方は、ハサミを使って茎を切るだけです。

オクラはこまめに収穫することで、長く収穫を楽しむことができます。

ぜひ、オクラを家庭菜園で育てて、おいしい収穫を楽しんでみてください。

オクラを栽培する時期のまとめ

スポンサードリンク

オクラを栽培する時期のポイント
  • 種まき時期は、地域の気候に合わせて、地温が15℃以上になった5月中旬以降が適期です
  • オクラは、日当たりと風通しの良い場所で育てましょう
  • 水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう
  • 肥料は、生育初期に、化成肥料の元肥を施しておきます。その後は、追肥として、2週間に1回程度、化成肥料を施しましょう
  • 収穫適期は、一般的に7月~10月です。収穫の目安は、開花後4~5日です
オクラを収穫すると、また新しい花が咲いて実をつけます。

なので、こまめに収穫することで、長くオクラの収穫を楽しむことができます。

オクラは、種まきから収穫まで約100日かかります。

種まき時期や育て方のコツを押さえれば、初心者でも簡単に育てることができます。

ぜひ、家庭菜園でオクラを育てて、おいしい収穫を楽しんでみてくださいね。