子育ての疲れがとれなくて何もしたくない!ママ必見リフレッシュ方法

最初は子供に対して「生まれてきてくれてありがとう」と、感謝の気持ちがいっぱいだったはずなのに。
いざ大変な育児が始まって、時間がたっていくと「赤ちゃんの世話ってなんでこんなに大変なの?」と、不満な気持ちになってしまうのは誰でも同じです。

毎日、朝から子供とずっと一緒にいると、ストレスがたまってくるものです。
日々が、休みなく毎日続くのですから、疲れがとれなくて「何もしたくないなぁ」と思ってしまう日だってありますよね。

そこでこの記事では、そんな大変な思いをして育児を頑張っているママさんへ、オススメのリフレッシュ方法をご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
  

リフレッシュの仕方は赤ちゃんの月齢で違う??

特に新生児のころは、3時間ごとの授乳をしなくてはいけませんよね。夜泣きが始まったりもあって、寝不足が続いて疲れが慢性化になっちゃいます。

とにかくこの時期は、休息することが一番のリフレッシュになります。朝でも昼でも赤ちゃんが寝たら、一緒に寝ちゃいましょう。

ストレスもたまってしまう時期なので、気の合うママ友や先輩ママと、電話やLineで話してリフレッシュしましょう

ただ、くれぐれも長電話にならないようにしておきましょう。

逆効果にもなってしまったり、相手のママさんにも迷惑がかかってしまいますよ。

育児疲れにおすすめなリフレッシュの方法

赤ちゃんの月齢や年齢によっても違ってきますが、育児疲れのリフレッシュでのポイントは「ママの時間を確保すること」です。

子育てママは自分の時間をとるのが大変

でも想像以上に、ママの時間を作るのって難しいですよね。

赤ちゃんが寝ているときなんかでも

  • たまっている家事をこなしたり
  • ご飯の事を考えたり
  • 赤ちゃんのことを考えたり

と、どうしても自分の時間をとれませんし、リラックスすることもできません。

たまには家事のことを忘れて自分の好きなことをする時間に

たまには思い切って、赤ちゃんが寝たいる時、ほんの少しの時間でもいいので「自分のやりたいこと」をしてみてはどうでしょうか。

洗濯や掃除など気にしないで

  • 好きな本を読む
  • 好きなドラマを見る
  • 好きな映画のDVDを見る
  • 読みたかった漫画を読む
  • 好きな音楽を聴いてみる

なんでもいいので「ママさんが、楽しいと感じること」を楽しめる時間を1日10分でもいいので作ってみましょう。

自分1人の空間を作ると、思っている以上に気持ちはリフレッシュできますよ。ちょっとでも家事や育児以外の事をしてみましょう。

またお菓子やスイーツなどの「自分の好きな食べ物をゆっくりと楽しんで食べる」、そんな時間があると、疲れた心が癒されます。たまには、こっそりと自分にご褒美も必要です^^b


スポンサードリンク

育児を完璧にしようとしない

「主婦なんだから、家事と育児を毎日きちん完璧にこなさなきゃ!」と頑張りすぎていたら、誰でも息がつまってしまいます。

「なんだか最近疲れているなぁ」と感じたら、子供と一緒にお昼寝したり、食事もたまには外食にしてもいいんです。

頑張りすぎて倒れる前に、手抜きしたっていいんです。引き目を感じる事はありません。

たまには

  • 美容院に行ったり
  • 映画を観たり
  • ショッピングをしたり

そんな風に自分のしたいことができるように、おじいちゃんやおばあちゃんに子供を預けてはいかがですか?月に1度くらい、家族にママのリフレッシュを手伝ってもらってもいいと思いますよ^^

さいごに

疲れたからと休めないのが育児です。毎日ストレスをためないよう、少しずつ発散することが大切です。

少しでも、あなたの子育てリフレッシュの参考になればと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント