会社の忌引きの日数は?葬式が日曜の場合でも取れるの?

スポンサードリンク

親族が亡くなった時、会社に忌引きを申請しますよね。
しかし、葬儀が日曜や仕事の定休日であった場合、忌引きは取れるのか心配になりませんか?
土日祝や定休日に葬儀がある場合でも、土日祝および定休日も忌引きに含まれます。

例えば金曜から3日間忌引きになったとすれば、忌引きとなるのは「金土日の3日間」になるのです。
忌引きの日数に関してですが、故人との間柄によって日数が変わってきます。


一般的な忌引き日数
①配偶者
配偶者が亡くなった場合は、最長の10日間が忌引きになることが多いです。
なぜなら残されたあなたが喪主になる可能性が高く、喪主としてさまざまな手続きや仕事があるからです。
また、身近な人が亡くなるのは心に大きなダメージを負うことにもなるので、必然的に忌引きの日数は長くなります。

②両親
両親が亡くなった場合でも、最長の10日間が忌引きになる傾向があります。
また、配偶者の両親が亡くなった場合は、3日間の忌引きになります。

③子供
子供が亡くなった場合、5日の忌引きが認められます。

④兄弟姉妹
兄弟姉妹が亡くなった場合、3日間の忌引きになります。
また、祖父母が亡くなった場合も同様、3日間の忌引きです。

スポンサードリンク

会社への忌引きの連絡は電話でも大丈夫?会社に直接行かないとダメ?

では、親族が亡くなって忌引きを取る際の手続きについて、詳しく見ていきましょう。

忌引きを取る際には、会社に直接出向く必要はありません。
直属の上司に電話をし、忌引きを取る旨を伝えましょう。
忌引きの連絡時に伝えるべき事柄ですが、


  • 亡くなった親族の間柄
  • 通夜及び葬儀の日程や葬儀場の場所
  • 喪主であるかどうか

この3点をきちんと、伝えなくてはいけません。

特に大事なのが、葬儀の日程や葬儀場の場所です。
間違えたり曖昧な情報を伝えたりしないよう、必ず資料やメモを見ながら電話するようにしてください。

会社への忌引きの連絡でメールは大丈夫?

もしも、すぐに電話連絡が取れない状況であるならば、メールで忌引きの連絡をしても構いません。
ただし電話でやり取りする時よりも、より明確に状況や情報を伝えることを心掛けましょう。

スポンサードリンク

  • いつ誰が亡くなったのか
  • 忌引きの申請と日数(日数は上記を参考にしてください)
  • 葬儀の日程
  • 葬儀場の場所
  • 緊急連絡先

これらをしっかり伝えるよう、文章をまとめて送りましょう。

また、仕事を休むことになるので、カバーしてくれる上司や同僚に、引き継ぎのメールを忘れず送るようにしましょう。
電話連絡は勿論、もう一度確認できるようにメールで引き継ぎ内容をまとめて送ると、相手も引き継ぎに困らないですよね。

会社に忌引きを申請するには証明が必要な場合もあるって本当?

忌引き取るには、「忌引きであることの証明書を提出するように」と、決められている会社もあります。
要は「忌引きの悪用防止」です。
ズル休みをするのを防ぐ為ですね。

ちなみに、この「忌引き」というのは一般的には「有給休暇ではない」ということを知っていますか?
詳しくは、こちらの「忌引きをとっても給料から引かれるの?有給じゃない忌引きの意味とは?」にまとめていますので、興味のある方はどうぞ^^

忌引きの証明書として提出が求められるのは、

  • 死亡診断書
  • 火葬許可証
  • 会葬礼状
これらのいずれかを求められることが多いようですね。

死亡診断書は一番有効ですが、葬儀の手続きをする際に提出しなくてはいけません。
なので、提出する前に忘れずにコピーを取っておくと安心ですね。

そして会社に提出するときには、死因等の見られたく無い個人情報は黒く塗りつぶし、必要最低限の情報が分かるようにして提出します。
火葬許可証は役所で発行され、こちらも証明書としてはかなり有効です。
原本ではなくコピーを取り、提出します。

会葬礼状は、密葬や家族葬では作成しないこともあり、昨今ではあまり見なくなりました。
なので出来れば、会葬礼状以外の証明書を用意するようにしましょうね。

会社の忌引きの日数は?のまとめ

忌引きが土日祝や定休日に重なっていても、土日祝や定休日も忌引きとしてカウントされるのには、驚かれた方も多いのではないでしょうか?
また、故人との間柄によって日数は変わってきますので、忌引きを取得する際は今一度確認が必要です。

それと、会社によっては忌引きを取得する際に、証明書が必要になる場合もあります。
どの証明書が必要か把握し、忘れずにコピーをとって提出してください。
これらの書類提出が面倒な人は、まだ有給休暇が残っていれば、普通に有給として休みを取れば、もちろん書類の提出の必要もないので、おすすめですよ!

あと、お子さんがいるご家庭では、小学校の忌引きについても気になりますよね。
小学校の忌引きについては「小学校の忌引き 祖父母の葬式が遠方であるときいつまで休めるの?」に詳しく書いていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。