窓ガラスが割れたときの応急処置!賃貸の修理費用は自分持ち?

この記事は約4分で読めます。

賃貸住宅にお住まいのみなさん。生活している中で、修理が必要になったり、壊れてしまって取替えになったりするものって結構ありますよね。

「コンロ」
「給湯器」
「お風呂やトイレ」

などなど、このような修理費用って誰が払うのでしょうか?

そこでこの記事では、そんな困った修理費用分担の中でも、あまり知られていない「窓ガラスの修理のこと」

「窓ガラスが熱割れしたときの応急処置方法」
「賃貸の窓ガラスがヒビ割れたときに、しておくべきこと」
「賃貸の窓ガラスの修理費用は誰が負担するの?」

ということについて、詳しく見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

窓ガラスが割れたときにはどうするの?

窓ガラスが割れてしまった場合、

「個人の過失の場合」
「経年劣化や熱割れが原因の場合」

のどちらにしろ、まずしておかなくてはいけないことについて、ご紹介していきますね。

窓ガラスが割れたときの応急処置は?

窓ガラスが割れたときには、できればすぐにでも修理して欲しいものですが、都合によってはすぐにできない場合もありますよね。

そんなときの為に、応急処置の方法を知っておくと便利です。

ガムテープで、割れ目に沿ってそーっと貼るといいのです。

が、力を入れてガムテープを押してしまうと、さらに割れ目が広がってしまう可能性があります。

なので、割れたカラスにテープを貼るときには、力を入れないでそっと貼ってくださいね。

そして、風圧で割れ目が広がるのを防ぐために、内側からダンボールを窓ガラスに当てて貼っておくことをおすすめします。

これだけで、十分窓ガラスのひび割れが広がるのを防ぐことができますよ!

窓ガラスが割れたら管理会社に連絡!

窓ガラスの割れに気が付いたときには、まず、管理会社に連絡しましょう。

その後に、管理会社から大家さんや契約の修理業者に連絡されるはずです。

専門の業者さんが見積もり等をしてから、工事に取り掛かることになります。

窓ガラスが割れた原因が「個人の過失」である場合でも、管理会社や大家さんは「窓ガラスを交換した年月日」を知っておく必要があります。

なので、個人で修理業者を頼んだ場合にでも、必ず連絡をしておきましょう。

退去時のトラブルにもなりかねませんから…


スポンサードリンク

賃貸の窓ガラスの修理費用の負担は?

「窓ガラスの修理費用って、いったい誰が支払うものなの?」って、とても大事なところですよね。

これは、窓ガラスが割れた原因によって変わります。

窓ガラスが割れる原因は2つに分類される

窓ガラスが割れる原因には、大きく二つあります。

「個人の過失の場合」と「経年劣化や熱割れが原因の場合」です。

個人の過失の場合
  • 模様替えのときに家具の角が当たってしまった
  • ボールをぶつけてしまった
このように、借主であるあなたが、窓ガラスの割れた原因のときです。

経年劣化・熱割れの場合
  • ふと気が付いたら、窓ガラスにひびが入っていた
  • 帰宅したら、窓ガラスにひびが入っていた
このように、自分には過失がなく自然に起こったひび割れのときです。

割れた原因で窓ガラスが割れた場合の費用負担は変わってくる

個人の過失で窓ガラスが割れた場合。

このときの修理費用は、借主であるあなたが負担することになります。

経年劣化や熱割れが原因の場合は、大家さんの負担になります。

退去時に見つかった「窓ガラスのひび割れ」の原因が「熱割れ」なのに、借主に修理費用の請求をされることもあります。

こんなときには「これは熱割れですよね!」と、ひとこと言えば、あなたの請求ではなくなる場合もありますよ。

退去時に、知っておくと良い知識のひとつですね。

賃貸の窓ガラスが熱割れやヒビ割れたときのまとめ

賃貸住宅の窓ガラスの修理のことについて、お伝えしてきました。

防犯や安全の面からも、窓ガラスの割れに気が付いたら、早めに対応して安心して暮らしましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント