離乳食にトマトジュース!?無塩なら使っても大丈夫?

この記事は約5分で読めます。

トマトは離乳食初期でも使える食材ですので、何も入っていないトマトジュースであれば離乳食に使うことも可能です。

ちゃんと無塩というラベルを確認してくださいね。

あとは見間違えて野菜ジュースを買わないように(笑)色が似てるので、急いでると色々間違えることがありますから・・・

野菜ジュースと違って、材料はトマトだけなのでゆでたり裏ごしが面倒な人は、市販のトマトジュースを利用するのでも全然OKです。

トマトはとっても体にいいし、加熱しても栄養分が壊れないのでとてもありがたい食材なんです。

子供が大好きなケチャップもトマトですしね。

ただ、ケチャップは添加物とか糖分塩分たくさんはいってるので、離乳食には無理です。

幼児くらいになればOKですけど、それまではトマトジュースを使った料理にしておきましょう。

スポンサードリンク

離乳食のトマトジュースは薄めればOK!手軽で安心して与えるポイントは?

離乳食初期から食べられるトマトですが、本来は加熱して裏ごしして皮や種を取ってあげます。

でも、市販の無塩トマトジュースも原料はトマトだけなので、手作りと大差ないですから、忙しいママさんはトマトジュースを薄めてあげるのでも問題ないですよ。

でも、大人ならおいしく飲むトマトジュースですけど、そのままあげてもたぶん赤ちゃんはおいしくないと思います。

私も子供の頃トマトジュースを飲んで「うえー」ってなったことあります。

まぁ、昔は無塩なんてものはなくて、全部塩分はいってましたから、しょっぱくてまずいという印象しかないです。

無塩のトマトジュースは比較的甘くておいしいですが、それでも冷たいジュースは苦手な人も多いので、やはりトマトジュースとして飲むのはトマト嫌いになるかもしれないので、やめた方がいいかなと思います。

トマトを使った料理はたくさんあって、何もジュースとして飲まなくても料理に使ってたべさせればおいしくて赤ちゃんもにっこりです。


スポンサードリンク

離乳食期トマトジュースのレシピ3選!これでトマトが好きになる!

離乳食で生のトマトをあげるって人はいないと思いますが、加熱調理したトマト料理は大好きでも、プチトマトやカットトマトは食べられないという子供は多いです。

うちの子もトマトが嫌いなので、お弁当にプチトマトをいれても絶対残してきます。

もはや色どりという役目しか果たしていないトマト・・・気の毒です。

最近はトマトがかわいそうなので、入れるのはやめましたが、生のトマトは中がどろっとしていたり、プチトマトはぶしゅっと中身が飛び出るとか、酸っぱいとかそういうのが嫌いな理由なようです。あとは青臭い味がしますね。

そんなわけで、トマトの栄養素は加熱調理した料理でおいしく食べてもらいましょう。

★トマトリゾット
ごはんをトマトジュースで煮込んだだけです。

本格的にいくなら生米をトマトジュースで炊きますが、雑炊みたいにごはんにトマトジュースを入れて煮ればすぐ完成しちゃいます。

ただ、トマト味だけでは栄養として物足りないので、鶏のササミとか細かく切った野菜なども一緒に入れて煮込むとおいしい料理になります。

★ミネストローネ
トマト味のスープです。

トマトジュースを水で薄めて、その中に細かく切った野菜や鶏肉を入れて煮ます。

さらさらしすぎて飲みにくいようであれば、少し片栗粉を入れてとろみをつけます。

スープだけでもおいしいですが、マカロニなどを入れるとおなかもいっぱいになります。

★ミートソースパスタ
大人がトマト味のスパゲティを作ると、だいたいケチャップを使いますよね。

しかし、離乳食ではケチャップは使わない方がよいので(味が濃いし塩分糖分が多い為)トマトジュースを使って味付けをしましょう。

トマト缶などもあるんですが、これはこれで原料はトマトだけですが、輸入物なので安全面はどうかという気分の問題はありますが・・・産地の問題もありますし、缶の素材という問題もあります。

スパゲティにはナポリタンもありますが、普通ケチャップを入れますよね。

ただ、ケチャップのかわりにトマトジュースを入れると、水っぽいので煮込むことになります。

そうすると麺が柔らかくなりすぎてしまうので、ミートソースの方が冷凍もできますしおすすめです。

ミートソースで使うお肉はやはり鶏挽肉がよいでしょう。

トマトジュースと水を半々の割合で入れて、鶏挽肉・野菜類のみじん切り・あれば離乳食用だしなどを入れて柔らかくなるまで煮るだけです。

炒める場合は油は引かないでくださいね。

たくさん作って小分けして冷凍しておけば、いつでもすぐに食べられて便利です。

離乳食にトマトジュースを使うなら無塩?のまとめ

離乳食でトマトジュースを使うととっても便利なので、ぜひ活用してみてください。

野菜ジュースと違って、よけいなものは入っていないので「無塩トマトジュース」を選んでもらえば問題なしです。

ちなみにペットボトルだとすぐ傷むので、離乳食に使う場合は小さい紙パックとか缶ジュースタイプのを選ぶといつも新鮮なトマトジュースが使えますよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント