ダニアレルギーになるのは部屋が汚いから?何をどう対策すればいいの?

この記事は約5分で読めます。

季節の変わり目によくくしゃみがでるという方は多いですよね。

春になれば花粉もありますし、冬だと風邪かも?と疑わしいことも。

ただ、季節に関係なくいつでもくしゃみがでるという人もいます!

特に子供って、原因が分からないけどよくくしゃみをすることがありますよね。

我が家では、旦那が花粉症なのですが、花粉の時期でないのにくしゃみが止まらないことがあります。

もしかしたら他になにかのアレルギーなのかも?と思っています!

しかしながら、病院などで調べない限りは分かりませんよね。

ダニアレルギーになると、人によってはくしゃみ以外の症状があることも。

そもそも、ダニアレルギーになるのは部屋が汚いからなのか、原因や対策などを詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク

ダニアレルギーになるのは部屋が汚いのが原因?

やはり、個人的にもダニが増えるということは、部屋が汚いということ?と思いがちです。

劣悪な環境になればなるほど、カビやダニなどの最近がどんどん増殖するイメージですよね。

ただ、ダニアレルギーになった場合、必ずしも部屋が汚いということが原因とは限らないようです。

そもそも、どんなに毎日丁寧に掃除をしていても、隅々までホコリ1つなく掃除する!

というのは無理ですし、掃除のも限界があります。

そのため、どんな部屋にも少なからずダニは存在しているということですよね。

ダニを0にするのは不可能に近いということになります!

ダニアレルギーは症状が出る人と出ない人がいる!

今回調べてみて感じたのは、ダニアレルギーも花粉症に似ている!ということです。

同じ環境で生活をしていても、アレルギー症状がでる人とでない人がいます。

花粉症も、症状がでる人とでない人がいますよね!

実際に我が家でも、夫は花粉症が酷くて毎年春は大変そうですが、私は何の症状もありません。

ダニアレルギー自体も、症状がでやすい人と出にくい人がいるので、個人で判断するのは難しいのです!

ダニアレルギーになる原因はなに?

ダニアレルギーと聞くと、ダニに触れたり体内に入り込むことで症状がでるのかな?と思っていました。

目には見えないので、いつダニに触れているのかなんて分かりませんよね!

やはりアレルギーの原因になるものは、ダニの糞や死骸になるようです。

これに含まれているたんぱく質が、体に触れたり体内に入り込むことによって、症状の原因になってしまいます。

特に赤ちゃんや子供は、大人に比べると免疫が低いです。

そのため大人であれば大したことがない量でも、赤ちゃんや子供が触れることで症状が酷くなることも。

お子さんがいるご家庭では、とにかく防ダニ対策が必須ですね!

ダニアレルギーはどんな症状が出るの?

ちなみにダニアレルギーの症状としても、個人差があるようです。

例えば、咳やくしゃみが止まらなくなる人もいます。

蕁麻疹のようなものが出たり、酷いと吐き気や嘔吐、頭痛を引き起こすことも。

もし我が子が、原因不明のくしゃみや咳が続いていたら、なにかのアレルギーの可能性が高いです。

気になる症状がある場合は、早めにかかりつけ医に相談してくださいね!


スポンサードリンク

日常生活ではどんなダニ対策ができる?簡単で効果的な3つのポイント

ダニは、日常生活を送る中でどんどん発生してしまいます。

先ほどもお伝えをしましたが、ダニを0にするのは難しいです!

そのため、できることから対策をしていくしかないということですね。

ダニはどんな季節でも生存していますが、そんな中でもジメジメした場所を好みます。

そのため梅雨の時期などの6月から9月にかけて、増えやすい傾向にあります!

どんなご家庭でもすぐに実践できるダニ対策をいくつかご紹介させていただきます。

日常生活でのダニ対策①日々の掃除&換気は必須!

ダニは人のフケや垢、食べかすなどは大好物になるため、なるべくこまめに掃除をしていく必要があります。

どんな季節であっても、必ず換気をしましょう!

夏場や冬場などは、エアコンをかけたままの換気でも効果はあるようです。

我が家でも、換気をするときには、エアコンを消さずにつけたままの状態で、なるべくこまめに換気をしています。

掃除も、日々の掃除では取り除ける汚れは限られますよね。

例えば週末など、まとまった時間がとれるときに気になる箇所を掃除してしまうのがおすすめです!

日常生活でのダニ対策②ソファーやクッションカバー&寝具はこまめに洗濯を!

意外と忘れがちなのが、ソファーやクッションカバーの掃除です。

寝具以上に、後回しにしてしまう傾向ってありますよね。

ただ、ソファーも布団も汗や皮脂汚れがつきやすいです。

そのため、ダニが発生しやすいアイテムになってしまいます!

これも週末などの天気が良い日にまとめて洗濯をして、天日干しをするのがおすすめです。

ダニは洗っただけでは落ちないので、しっかりと天日干しをする必要があります。

そのため、天気が悪い日に洗って部屋干しというのはあまりおすすめできません。

我が家でも、日々の掃除ではゴミを取ったり除菌スプレーをする程度になってしまいます!

そのため、定期的に洗ったり天日干しをするのは、どうしても週末になりやすいです。

今週洗おう!と思っていても天気が崩れることもありますよね。

なるべく思い立ったらすぐに行動するのがおすすめですよ!

日常生活でのダニ対策③ぬいぐるみの掃除や絨毯などの敷物の掃除も大切!

ぬいぐるみなどの毛足が長いものは、汚れが溜まりやすいです。

そして絨毯やカーペットもそうなのですが、毛足が長いものはおすすめできません!

こまめに掃除をしていても、取り切れない汚れが溜まっていってしまいます。

ダニやカビが住むにはとても環境の良い場所になってしまいますよね。

もし自宅で絨毯やカーペットを使用している場合、可能であれば毛足が短く、掃除しやすいものにするのがおすすめですよ!

我が家でも、娘が産まれたときに模様替えをしたため、長らく使用していた絨毯などは撤去しました。

ぬいぐるみも、ホコリが溜まりやすいので取り除いたり、汚れが酷くなる前に洗濯してみてくださいね。

ダニアレルギーになるのは部屋が汚いから?のまとめ

部屋が汚いからダニアレルギーになる!ということは、絶対ではないようですね。

しっかりと掃除ができていても、アレルギー体質の人だと症状がでる可能性もあります。

ただ、日々生活をしているだけでも汚れはでてしまいます!

そのため、毎日の掃除は大切ですし、できることからダニ対策をしていくのがおすすめです。

今回ご紹介をした対策はわりとどのご家庭でも取り組みやすいものです。

スポンサードリンク

コメント